興味乱舞に引きこもれず

全記事数:770件
 ブログ全体の総文字数は1,484,701文字です

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

平和 民主主義 行政

自衛官の狼藉と、それを狼藉と思わない人々と、狼藉に便乗する国会議員

73views 

アドセンス広告

この記事の所要時間: 525

防衛省は17日、統合幕僚監部に勤務する30代の3等空佐が16日夜、東京・永田町の路上で民進党の小西洋之参院議員に対し暴言を繰り返した、と明らかにした。小西氏によると、3佐は「お前は国民の敵だ」などと述べたという。防衛省は、自衛隊員の品位の保持や政治的行為の制限などを定めた自衛隊法に違反する疑いがあるとみて調査し、懲戒処分を検討する。

 自衛官トップの河野克俊統合幕僚長は17日午後、小西氏の永田町の事務所を訪れて謝罪。その後、報道陣に「自衛官が国民の代表である国会議員に対して暴言とも受け取れるような発言をしたことは大問題。極めて遺憾であり、大変不適切だ」と述べた。

 防衛省によると、3佐は統幕指揮通信システム部所属の男性自衛官。16日午後9時ごろ、永田町の参院議員会館前をジョギングしていて小西氏と遭遇し、「小西か」と尋ねた。小西氏が「小西です」と応じたところ、3佐は暴言を吐き始めたという。

 具体的な発言内容について防衛省は「調査中」としているが、小西氏によると、3佐は自衛隊員であることを告げたうえで「お前は国民の敵だ」「(国会での)言動が気持ち悪い」とののしったという。近くで警戒中の警察官が2人のやりとりに気づいて駆けつけたが、3佐は発言を繰り返していたとされる。

 自衛隊法58条は、自衛隊員が信用を失墜する行為をすることを禁じ、61条は選挙権の行使を除き自衛隊員の政治的行為を制限している。同法施行令は具体例として、政治動向に影響を与えることを狙って特定の政策を主張したり反対したりする際、官職や職権を使うことなどを挙げている。

自衛官暴言、処分を検討 民進議員に「お前は国民の敵だ」:朝日新聞デジタル

小西氏と防衛省によると、3佐は16日午後9時前、帰宅後のランニング中に小西氏と出会った。3佐は「小西だな」と言った後、現職自衛官だと自分から明かして繰り返し罵倒。警備中の複数の警察官が集まった後も「気持ちが悪い」などとののしり続けた。小西氏が「服務規定に反し、処分の対象になる」と撤回を求めたが撤回しないため、同省の人事担当に電話するなどした。3佐は最終的に態度を改め、発言を撤回したという。

<議員罵倒>「国民の敵」発言は3佐 防衛相「適正に対処」

こんなもん、あり得ないとしか言いようが無いでしょう。
文民統制云々以前の、人間としてというか、公務員としてというか、そういうレベルでおかしい話。

公務員が誰かを『国民の敵』と言い放つ時点でも問題になり得るのに、さらに武力とつながっている人間がそういうことを言い放つのは、まさにクーデターやテロリズムに繋がりかねない
、それくらい危険な行為です。
そこで、本人がどのような対象をそう思っているのかは無関係な話です。

一方で、そういうことがわからない人(政治的な主張が正しければなにしてもいいと思ってる人)がいっぱいいるわけです。どのような方向性にも。
今回の事例でいうと、例えばこういう動画とかの存在や、ウヨブログの扱い方がそれを表していたりします。

このように今回の狼藉を支持しつつ、極左暴力集団云々とか言ってんですから、極右暴力集団に対してどういう態度を取るのか、想像が容易いってもんです(在特会とか行動する保守系のがそれに近いですね)

そんな中、元自衛官で、新党改革の参議院比例区から出馬経験があり、自民党のオープンエントリーに応募していた、中村幸嗣氏がこういうツイートをしています。

政治家が同じ政治家である総理大臣に対して罵声を浴びせることと、非選の公務員が政治家に対して罵声を浴びせることを同一視してる時点でおかしいのではないでしょうか。

政治家側が偉そうにしていたり、倫理的におかしいことをしていた場合、法や規則に引っかからなくても、有権者からは非難されることはあります。
(官僚に対して『増税派の現在野党てある政党が運営した政権に仕えてたから、今の政権を貶めようとしてるんだ』みたいなこと言って『それはいくらなんでも、それはいくらなんでも、ご容赦ください』という答弁があった結果、国会議員が非難されるなどが好例)
そのように総理大臣に罵声を浴びせることも含め、政治家の行動については、総合的に、選挙にて有権者から審判がくだされるわけです。
それは、総理大臣も一国会議員も同じことです。つまり、権限の多寡はあれど、身分としては、ある程度対等といえます。

一方で、公務員は選挙を通さずその身分に就きます。
当たり前ですが、有権者は選挙で公務員を選べません。
そういう意味で、公務員と国会議員は違う性質をもつ身分です。
そして自衛官は基本的に武力とつながっていると言える身分である。
(自分で銃を持たなければ、実行部隊じゃなければ武力とつながってない、みたいなことではないと思います)

そういう性質の違いのある身分の行動を並列して並べる時点でおかしい話です。

ちなみに、この世の中にはテロリズムという概念があります。
基本的な定義は『政治的目的を達成するために、暗殺・暴行・粛清・破壊活動など直接的な暴力やその脅威に訴える主義。』というものです。
私は、自衛官が『お前は国民の敵だ』と言う事は、この『暴力の脅威』に繋がると考えてこの記事を書いています。

また、性犯罪について、セカンドレイプという概念があります。
加害されたことについて「被害者側に原因があった(性的に挑発的な服装や行動をしていた)」かのように(弁護)発言したり、被害者側の性的交渉の経歴等を執拗に追及や公表をしたりすることが、問題視されているのです。

これを考慮した上で、現職自民党国会議員、小野田紀美衆議院議員のツイートをご覧ください。

堂々と問題行為に便乗し被害者の過去の経歴を宣伝しています。
どうしようもないです。
問題行為の中身からして『このような人は国民の敵ですよね』と同意を求めているとしか言えません。

政治も行政もめちゃくちゃです。
これでどこに辿り着くのでしょうか。
私は心配で仕方がありません。

-平和, 民主主義, 行政
-, , , ,