権利保護の緊縮削減に反対するブログ

興味乱舞に引きこもれず

人権問題 性犯罪 立憲民主党 雑記 憲法・刑法

本多平直議員の謝罪の記録

7views

投稿日:

この記事の所要時間: 956

産経の最初の報道

立憲民主党の性犯罪刑法改正に関するワーキングチーム(WT)で、中学生を性被害から守るための法改正を議論した際、出席議員が「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」などとして、成人と中学生の性行為を一律に取り締まることに反対したことがわかった。

複数の党関係者によると、発言したのは50代の衆院議員。「年の離れた成人と中学生の子供に真剣な恋愛関係が存在する場合がある」とも語り、厳罰化に慎重な姿勢を示したという。

<独自>「50歳が14歳と同意性交で捕まるのはおかしい」立民議員が主張

中間報告案の取りまとめ了承見送り&発言者非公表の意思を表明

性犯罪に関する刑法改正について議論する立憲民主党のワーキングチーム(WT)は7日、刑法で現行13歳の「性交同意年齢」を中学卒業後の16歳まで引き上げることなどを盛り込んだ中間報告案の了承を見送った。

 性交同意年齢とは、性行為を行うかどうか判断できるとみなされる年齢の下限。中間報告案では「成人はいかなる理由をもっても中学生以下を性行為の対象にしてはならない」と明記した。WTの寺田学座長は記者団に「『いかなる』という部分に賛成、反対があった」と見送りの理由を説明した。

 性交同意年齢をめぐり5月10日のWTでは、出席議員から「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」との趣旨の発言があったことも寺田氏は明らかにした。

 後に発言者から「自分の真意ではなく、正確な記憶もない」と撤回の申し出があったとして、寺田氏は発言者が誰かは明かさなかった。

性交同意年齢引き上げに賛否 中間報告了承見送り―立憲:時事ドットコム

立憲民主党の福山幹事長は、記者団に対し「議論の中での話であり、本人が『そのことばについては言い過ぎで撤回する』と言っているので、それでよいのではないか。中学生と成人の性交渉については『性搾取』の問題であり、全部を取り締まるべきだという意見も当然あって、いろいろな意見を、それぞれの立場から言ったということだと思う」と述べました。

一方、福山氏は、発言した議員の名前について記者団から問われたのに対し「そうなると議事録を作って、すべての議論を発表しなければならなくなる。党内の事情は聞いておこうと思う」と述べるにとどまりました。

立民 性行為同意年齢「中学卒業後」まで引き上げで議論 | NHKニュース

朝日新聞、実名を報道。その後本人も認めて謝罪

刑法で性行為が一律禁止される男女の年齢を現行の「13歳未満」から引き上げることを議論する立憲民主党の「性犯罪刑法改正に関するワーキングチーム(WT)」で、出席議員が成人と中学生の性行為を肯定する発言を繰り返していたことがわかった。WTは7日、中学生以下との性行為の禁止を求める報告書をまとめる予定だったが、見送った。

 複数の関係者によると、5月10日に開かれたWTで本多平直衆院議員(56、比例北海道ブロック)が「例えば50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言した。同月下旬のWTでも「12歳と20歳代でも真剣な恋愛がある」「日本の『性交同意年齢』は他国と比べて低くない」との趣旨の意見を述べたという。

 「性交同意年齢」は、性行為の同意能力がある年齢の下限とされ、日本は刑法で13歳未満との性行為を禁止している。100年以上前から基準が変わっておらず、国際的にその低さが指摘される。携帯電話やSNSの普及で未成年者の性被害も深刻化しており、立憲は禁止される年齢の「16歳未満」への引き上げを目指して議論を続けていた。

立憲の福山哲郎幹事長は7日、記者団の取材に「本人が『撤回』と言っているので、それでいいのではないか」と述べ、発言者を公表しなかった。その後、夜になって「(本多氏を)厳重に口頭注意した」とのコメントを出した。

 

「14歳と同意性交、捕まるのはおかしい」立憲議員発言:朝日新聞デジタル

本多氏も7日夜、「今回、党内での会議の一部の発言が報道されるに至りましたが、趣旨において私の理解が足りていない、また報道によって傷つく方がいるとのご批判は当然と考えます。真摯(しんし)に反省をし、認識を深めていきます。性犯罪に関する刑法改正に関して、私は、一方当事者が少なくとも中学生までの低年齢で、他方当事者が成人である場合、両者の間に対等性はなく性搾取となっている実態を踏まえ、低年齢当事者を保護するために成人を処罰対象とすることの必要性を認識しています。刑事処罰の議論では、限界事例についての検討や、特異な例外事例の存在など緻密(ちみつ)な検討が必要だと考えました。しかしながら、私の発言は、例外事例としても不適切であり、お詫(わ)びして撤回いたします」とのコメントを公表した。

「14歳と同意性交、捕まるのはおかしい」立憲議員発言:朝日新聞デジタル

議論はとても白熱していたらしい

立憲民主党の「性犯罪刑法改正に関するワーキングチーム(WT)」の議論では、議員によって性犯罪に対する認識の隔たりの大きさが露見する一幕もあった。WTでは、女子中学生に性被害が多く発生している実態に着目し、「性交同意年齢」の引き上げによる、成人と中学生の性行為の取り締まりについて、集中的に話し合われた。

WTの中間報告案によると、この議論の中で、ある議員が、「50歳近くの自分が、14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」「年の離れた成人と中学生の子どもに真剣な恋愛関係が存在する場合がある」「中学生から成人を口説いて恋愛関係になり、性交に至る場合もある」などとして、規制の強化に強く反対したという。これに対し、「恋愛と思わされたり、思わざるを得ないことを背景とした性搾取の実態がある。被害をなくし、未然に防ぐためには、恋愛関係も例外とせず、一律に成人との性行為を罰するべき」「恋愛を除外要件とすることが被害を生む温床となりえている実態がある」「成人男性と女子中学生の間に対等性はない」「(妊娠などの)リスクは女子中学生のみが負う」などとして、成人はいかなる理由でも中学生以下を性行為の対象とすべきでない、といった意見が強く出された。

参加者によると、怒鳴り合い寸前まで議論が白熱することも多々あったという。

講師としてその場で発言を聞いた、大阪大学大学院法学研究科の島岡まな教授は、規制強化に反対した議員の意見ついて、対等であるべきはずの性の問題に“無意識の偏見”があるためだと分析する。

島岡まな教授「この発言には実は驚きませんでした。ジェンダー後進国の日本では、こういう意見を持つ方は、刑法学者でも弁護士でもいます。問題は、それが『アンコンシャス バイアス(=無意識の偏見)』に基づくもので、本人たちは悪気も自覚もないということ」「さらに問題なのは、そういうジェンダーバイアスを持つ人による抵抗が強くて、女性に不平等な性犯罪規定や、性的搾取などの被害が続いていることです」「先進諸外国では、社会人と中学生のように、年齢差も力関係の差もあるところに、対等で真摯(しんし)な恋愛が存在しないというのは、とっくの昔から常識。(中学生からすれば)疑似恋愛かそう思わされているだけで、性的搾取だという考え方です」

一方で島岡教授は、国会議員の議論の場で、ジェンダーバイアスの強い発言が引き出され、話題になることは、周囲の気づきにつながり良かったとも言える、と指摘する。議論を隠すことなく、明るみに出して話し合うことで、バイアスに気づく第一歩となり、ジェンダー平等に基づく法の見直しに向けて、前進するのではないかという。

立憲民主党のWTは、中学生の意思決定や判断能力は脆弱であり、性行為への知識も乏しく、性行為の対象となった場合の心身のリスクが高いと指摘。また、成人と中学生の対等性はなく、恋愛関係に潜む性搾取から中学生を守るべきだとして、16歳未満までを「性交同意年齢」で保護し、成人と中学生以下の性行為を一律に犯罪とする法改正を求める方向で中間報告をとりまとめたい考えだ。

成人と中学生の恋愛は…議論白熱

以下、感想

初報の産経の記事がいつの発言か書かれていないことや、結構議論が大揉めしていて、揉めてるから報告書に了承を取ることが見送られた、という流れを見ると個人的には産経が嗅ぎ付けたよりも、立憲内部からリークというか、愚痴というか、そういうものが先に出てきていたのかな、という気がします。

ちなみに情報源は、日曜日に日本テレビの報道にて、今回の発言について『WTの中間報告案によると』という前置きから書いていて、産経報道でも『立民のWTが4日にまとめた中間報告では』と書かれていたことや、その後産経が『削除された』と報じていることから、このワーキングチームの中間報告案が情報源だったことは間違いないでしょう。

立憲民主党の性犯罪刑法改正のワーキングチーム(WT)は7日、中学生を性被害から守るための性交同意年齢などに関する13回の議論をまとめた中間報告を作成した。「50歳が14歳と同意性交で捕まるのはおかしい」とした50代の衆院議員の発言は、本人から「興奮していたので覚えていない。本意ではない」と撤回の申し出を受け、報告から削除した。

(中略)

WTが先週まとめた中間報告の案には削除された発言を記載していた。同じく案に載った「中学生から成人を口説いて恋愛関係になり性交に至る場合もある」といった出席者の発言は残った。

立民、性交同意年齢めぐる「50歳が14歳と」発言削除

それをどういうルートで日本テレビや産経が手に入れたのか?ということです。正式に渡していたのか、なんらかのリークがあったのかという。

そういう部分で、座長が特定の方向で議論を纏めたい意志が強いがまとめ切れなかったという背景が、ちょっと気になってしまう私がいます。

また個人的に気になるのは、最初の方にあった『興奮していたので覚えていない。本意ではない』という釈明。

興奮して覚えてない発言をしてしまうというのは個人的に明石市の市長の暴言を思い出してしまうのですが、本当にたちが悪いと思います。

私も瞬間湯沸かし器的なところがあるのですが、個人的にはそういう人は公人として選ぶべきでは無いのではないか、と思ってしまうのです。(なんならそういう人間は社会にもなるべく出ないほうがいいだろうとも思ってしまっているのですが、そこまで行くと差別的思考というか、思う方に問題がある気がしています)

そういう人に公職というパワーを与えることにより、パワーハラスメントを行える環境を作ってしまうことに貢献してしまう可能性があるわけですから、それを考慮して投票するように私はしようと思っています。

どうでもいい話ですが個人的に議論の怒鳴り合いという話になると、いつもTPPでの自民党議員の怒鳴り合いを思い出してしまいます。

-人権問題, 性犯罪, 立憲民主党, 雑記, 憲法・刑法
-, , ,

関連記事やアドセンス等の広告

Copyright© 興味乱舞に引きこもれず , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.