立憲民主党

自民党

オリンピック新種目に「開催中止派揶揄」がありそうな勢い

オリンピックが始まったことにより、盛り上がる声は「オリンピック競技について語る声」だけではありませんでした。 以下のような、オリンピック開催に反対していた人間への「揚げ足取り」や「揶揄」のような言及が私の目によく入ってきました。 ...
人権問題

本多平直議員の謝罪の記録

産経の最初の報道 立憲民主党の性犯罪刑法改正に関するワーキングチーム(WT)で、中学生を性被害から守るための法改正を議論した際、出席議員が「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかし...
菅義偉政権

緊急事態宣言を信じていないけど発令する菅政権

政権幹部は「宣言発令はメッセージでしかない。今の東京は人出がまだ多い。発令しても時短要請に応じない店も多いだろうし、その店名を全部公表するわけにもいかない」と漏らす。一般社会の広範な理解がなければ発令の効力が薄くなり、「自粛警察」とも称さ...
国政選挙

色々出てきた河井克行

2020年10月19日に行われた、河井案里氏の公選法違反についての裁判にて、河井克行氏の行った様々な工作について言及されたようです。  ネット業者の調書によると、元法相は選挙違反疑惑の発覚後、業者に「事務所スタッフがデータを持ち出し...
菅義偉政権

「叩き上げ(の自認)」が悪く機能している例

以前、叩き上げについてダーティーイメージが有ったり、一概にポジティブとは言えない、と言うことをブログに書きました。 ここでは、社会の偏見をつくる構造を中心に書いたように思うのですが、今回は私が個人的に叩き上げのような人を...
菅義偉政権

日本学術会議会員任命拒否問題について色々

菅総理大臣が、日本学術会議の会員候補のうち6名を任命拒否した事案について、いろんな情報が出てきましたが、正直外野がうるさいという印象がとても強いです。(この段落では政府以外を外野と表現しています。) まず、政府が日本学術会議の意思を...
立憲民主党

立憲民主党代表選の若手候補として意外な人の名前が出ていた話

立憲民主党の代表選や総理交代が重なった時期に、野党政治家が多数の番組に出演していたのですが、その中で立憲民主党の代表選に若手を担ごうとしていたと言う話について、具体的な候補者名に触れた話が興味あったので書きます。 中谷氏は「はじめに...
政策・思想

合流話 雑感

立憲民主党と国民民主党の合流協議が、ここに来て玉木雄一郎氏がいろいろと言い出す展開になったり、ちょっとどうなってるの?と言いたくなることばかりですが、その中からいくつか気になる点を。 連合などの労組の動き 連合は立民と国民民主...
自民党

現金給付周りの報道などを色々と

 今回、緊急事態宣言を全国に拡大することによって、すべての国民の皆さまにさらなるご協力をいただくことになる。緊急経済対策においては、収入が著しく減少し厳しい状況にあるご家庭に限って、1世帯あたり30万円を給付する措置を予定していたが、この...
国会

質問の意味を評価するのは、少なくとも総理ではなくて、極端に言うと国民だろう

安倍総理が、野党質問を一方的に論評するようなヤジを発し、それによって予算委員会が一日行われませんでした。 ヤジの詳細については以下の通りです。 辻元氏はこの直前、「鯛(たい)は頭から腐る」ということわざを引き合いに「ここまで来...
タイトルとURLをコピーしました