報道も河野太郎大臣のブログについて拾っていた

この記事の所要時間: 124

(携帯からの更新なので色々醜いですがご容赦ください)
前回『大臣になった河野太郎氏、政策含め全体的にメンテナンス (http://rispair.com/?p=608)』という記事で、河野太郎氏が大臣になるにあたって、ブログをメンテナンスし始めたことについて書きました。

今日、この記事の後に、TBSニュースがこの事を報じていたことに気づきました
『初入閣の河野太郎氏、ブログの主張を閲覧不能に(http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2607546.html)』

記事によると記者会見でこの事を指摘されたらしく
「今までは外から言っているだけでしたが、今度は政府内の議論に参加できるようになった。政府内の議論でしっかりと言うべきところは言っていくと思っていますが、政府の一員である以上、決まったことについてはそれを誠実に実行する」
と理由を答えた、とのこと。

そして今日、続報として共同通信が以下の記事を配信しました。
『河野行革相が自身のブログ再開 過去記事は閲覧できず(http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015100901002118.html)』
なんと過去記事は全て見れないようです。
ブログ記事を利用して国会などで突っ込まれるのが面倒くさかったのでしょうか?
入閣以降は「政府の外に向かっては政府の政策を擁護し、訴えていくことになる」とのことなので、河野太郎氏の意見は有権者には見えなくなるようです。

民主党の反対を歩いているつもりなのでしょうが、ここまで大臣が自己主張しない政権というのは気持ち悪いように思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました