興味乱舞に引きこもれず

全記事数:769件
 ブログ全体の総文字数は1,483,660文字です

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

選挙ネタ

橋下徹「野党」から出馬との不気味情報

52views 

アドセンス広告

この記事の所要時間: 227

政界復帰をめぐっては、「維新の立て直しが目的」「安倍晋三首相・菅義偉官房長官と定期的に食事をする親しい関係なので、自民党から出馬か」などと語られていた。それが、ここへきて、橋下氏が参院選に出る場合は野党から出馬する方向になってきている。

 実は最近、橋下氏は以前から交流のある地方自治体関係者と話した際、「自分としては、もう一度、地域主権を含めた統治機構改革に挑戦したい」と語ったというのだ。そうなると、前述のように自民党のなかからは無理であり、野党として挑戦することになる。

「今の維新の会を壊し、参院選に向けた野党の政界再編に動く、という趣旨らしい。野党幹部のなかにも、こうした橋下氏の動きを察知したという話が出回っている。橋下氏の最終目標は総理大臣。自民党への対抗勢力として野党から総理を狙うということだ」(前出と別の永田町関係筋)

橋下徹氏、野党から参院選出馬との観測広まる…日本の統治機構変革に覚悟

ソースはサイゾー系列なんで、根拠も何も有ったもんじゃないと思うんですけど、一応。

橋下氏が、維新でもなく自民党でもない場所から出馬するのではないか、という観測記事というか、アオリ記事というか、そういうものです。

最後の方に立憲が及び腰ならば、橋下氏が旗手になっちゃう、みたいな記述があるので、要するに立憲民主党は選択肢ではないということも見えてきます。

では、この記事で選択肢としてあり得るものはなにか?というと以下の2つに絞られるのではないでしょうか?

  • 日本維新の会と棲み分けを経験したことのある希望の党から派生している国民民主党を乗っ取る
  • 大阪維新の会の国政進出時のように、国会議員をこの指とまれで集めて新党を結成する。

このような選択肢があるように思います。

野党幹部というのが、現在の希望の党の松沢成文とかの可能性もありますが、その場合は後者でしょう。

個人的には、橋下徹氏の番組に今年に入ってから、希望の党のチャーターメンバーと国民民主党関係者がいくつか出ているという人脈が見えてしまうことが、国民民主党乗っ取りの可能性を考えてしまう理由なのですが。

「橋下徹、玉木雄一郎にツッコみまくる!そして…」即リプ #24 ゲスト:玉木雄一郎

「(希望の党)あの時小池さんが政権交代をぶち上げたワケ。五輪メダルをリサイクルで、是か非か?など」橋下徹の即リプ #41 ゲスト:若狭勝(元衆議院議員)

「敬老パス有料化で大バッシング!高齢者補助削減は禁句?」NewsBAR橋下 #2 ゲスト:細野豪志

いくらいささかの動きの軽さが見える玉木雄一郎氏とはいえ橋下徹を受け入れる選択はしないとは思っていますが、現在の国民民主党の支持率の惨状といい、玉木雄一郎氏の意志とは関係なく乗っ取られる可能性とかを考えてしまうと、正直、気をつけて損はなさそうだな、と考えてしまいます。

-選挙ネタ
-, , , , ,