権利保護の緊縮削減に反対するブログ

興味乱舞に引きこもれず

自民党 政策・思想 福祉・社会保障・医療・生活保護

そんなにこだわるなら自民党じゃなくて自助党または自立党になれば良い。

1views

更新日:

この記事の所要時間: 121

自民党のわが党の政策ビジョンと平成24年度予算を見てるんですけど、とりあえず、一箇所だけ文句というか個人的な違和感を。

自民党は震災前から『絆』を掲げてるんですけど、この絆って共助の精神じゃないんですか?

自民党が民主党政権になってから社会保障を語るときっていっつも「自助第一」と言ってるんですよ。
でも、一方では絆を強調してるんですよ。
おかしく無いですか?

絆を強調するなら、一番に来るべき価値観は共助じゃないんですか?
そして、そもそも共助の後ろ盾があるから、自助、つまり自立ができるんではないんですか?
で、民主党政権になった原因の一つには共助の後ろ盾の代わりに公助を持ってきたってところにあるんじゃないんですか?
地域のコミュニティによるセーフティーネットの代わりに、行政によるセーフティーネットを強くするといって支持された部分もあるんだと思いますよ。

それを無視して自助第一なんて叫ばれても気持ち悪いの一言しか無いんですよ。
そんなに博打したいですか?
そんなに自殺者増やしたいですか?

家族の力を強化するなんて意味無いですよ。
それより家族同士の絆を強くしないと。
家族の力を強化しても家族が孤立しては意味がないんですよ。

いい加減自分達が政権担当していた時の反省を生かして欲しいです。
無縁社会なんて言われるようになってしまった反省を。
今必要なのは自立を煽ることではなく、共助を煽ることです。
自立は出来る人なら自然と出来ますから。

市場って何だろう ──自立と依存の経済学税込770(2020/09/04時点)

-自民党, 政策・思想, 福祉・社会保障・医療・生活保護

関連記事やアドセンス等の広告

Copyright© 興味乱舞に引きこもれず , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.