政党論

岸田文雄政権

【本当に?】今の野党には「賛成理由をつくり出す努力」が求められているらしい

この日の本会議採決では、国民の玉木雄一郎代表らが賛成票を投じた際、自民議員らから拍手が起きた。岸田文雄首相は本会議後、国民会派を訪ねて玉木氏と「腕タッチ」し「ご指導に感謝する。また引き続きどうぞよろしくお願いする」と感謝を伝えた。 国民民...
自民党

大阪都構想住民投票の結果を受けての感想

昨日、大阪市を廃止して特別区に再編する大阪都構想の二度目の住民投票が大阪市にて行われ、またも接戦での反対多数となり、二度目の大阪維新の会代表の政界引退宣言が行われました。 選挙での維新の連続勝利と住民投票での2度の否決から浮...
政策・思想

合流話 雑感

立憲民主党と国民民主党の合流協議が、ここに来て玉木雄一郎氏がいろいろと言い出す展開になったり、ちょっとどうなってるの?と言いたくなることばかりですが、その中からいくつか気になる点を。 連合などの労組の動き 連合は立民と国民民主...
政党論

韓国の選挙制度改革を経た選挙の様子が…

韓国では2020年4月15日に総選挙が行われますが、韓国のメディアを通して伝わってくる、選挙の様子がちょっとおかしなことになっています。 おかしなことになったきっかけは、今回の総選挙から適用される選挙制度が理由です。 韓国のメ...
自民党

「派閥こそ政党」というならば

野党を批判的に語る際に、上のTweetのように「野党は政党として機能しておらず、与党内の派閥こそが政党の機能を果たしているのだ」という主張が時に語られる。 この主張をするためには「政党」の定義が重要となる。ここでは「政党...
2019参院選

2019年参院選雑感〜N国戦術勝ち〜

7割位N国の話になってしまっています。 NHKから国民を守る党 N国については参院選前に記事を書いていたのですが、その後東京都選挙区でのポスター戦術が使えなくなり、作戦を変更した結果、見事にそれがハマり議席と政党要件を獲得しま...
政党論

政党要件を小さくして見てみる

政党、というものが日本で成立するためには、公職選挙法などに基準が定められている「政党要件」を満たす必要があります。 政党要件で有名なのは、年末の「駆け込み新党」という、政党助成金狙いのように見える形で結党されるときに利用される「国会...
日本のこころを大切にする党

日本のこころ、自民党に吸収合併

先日、正式に日本のこころが自民党に吸収されようです。 中野正志参院議員(比例、塩釜市出身)が1日、約6年ぶりに自民党に復党した。代表を務めた政治団体日本のこころは自民に吸収合併された。党宮城県連に所属する見込み。 中野氏は同日午前、...
自民党

立憲民主党、国民民主党、各々の矜持

週プレニュースが、2日続ける形で、国民民主党代表玉木雄一郎氏と立憲民主党代表枝野幸男氏のインタビュー記事を掲載しています。 この2つのインタビュー記事を読み比べると、両党が接近しきれない理由がほのかに見えてきて面白いと思いました。 ...
自民党

都民ファースト、闘争開始

先月末、品川区長選挙が行われ、自公推薦候補の現職が再選しました。 その選挙に際し、都民ファーストが新人候補を,立憲民主党、自由党、共産党と推薦するという動きをしていましたが、この候補者推薦について、都民ファーストが揉めているようです...
タイトルとURLをコピーしました