興味乱舞に引きこもれず

全記事数:817件
 ブログ全体の総文字数は1,622,019文字です

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

外国関係 外交・TPP等

ドナルド・トランプの人物評なんてろくでもない

18views 

アドセンス広告

この記事の所要時間: 143

ドナルド・トランプの文在寅人物評をありがたがってる産経の阿比留記者を見かけました。
韓国バッシングのためなら何でもいい人たちは持論語りのためにこんなものでも引用しちゃうんですね。

この大統領が嘘つきなら、その国は嘘を恥だと思わない文化だと言うのなら、嘘だらけの大統領を掲げているアメリカはどうなってしまうのでしょうか。
また、日本の総理大臣にもろくでもない人が多々いたのですが、それも日本の文化を反映した言動だったというのでしょうか?

このように産経新聞の阿比留の文化語りがろくでもないというのと同時に、トランプの人物評なんてすーぐひっくり返る薄っぺらなものであるということも前提として抑えないといけません。

トランプ氏のデンマーク領グリーンランド購入構想を「ばかげている」と一蹴したフレデリクセン首相に対し、トランプ氏は21日、「むかつくし不適切だ」と反発。9月に予定されていたデンマーク訪問を取りやめたばかりだ。

 しかし、23日のトランプ氏は、フレデリクセン首相から電話があったと明かし「素晴らしい会話だった」と振り返った。「デンマークとは非常に良い関係を保っている。また話そうということで一致した。それにしても彼女は素晴らしい。電話をかけてきてくれた。とても感謝している」と語った。

一転「素晴らしい女性」=デンマーク首相をべた褒め-トランプ米大統領:時事ドットコム

しかし、このトランプ氏の発言の取り上げ方。金正恩氏の発言の又聞きであることを考慮すると、トランプ経由で韓国を敵国にするために北朝鮮とタッグ組む可能性とか出てくるのかと考えると、どうしようもなさが広がります。

-外国関係, 外交・TPP等
-, ,