自民党都議会議員の都議会レポートを見て、自民党が慰安婦否定に走っていることを実感した

3views
この記事は約1分で読めます。

自民党の武蔵野市選出、島崎義司議員の都議会レポートを読んだのですが
その最後のページにでかでかと教育問題での質疑のとある部分を強調した記事が掲載されていて、『そこが票になると思っているんだ』ということをしみじみ実感しました。

その現物の写真が以下になります。

2ec7584e.jpg
 
 この通り、『日本に誇りのある教育を!』という題で質疑がまとめられています。
そして小題は
『朝日新聞 日本軍慰安婦強制連行報道の虚偽認める! 事実に基づいた歴史教育を!』
『都立高校期末試験で安部首相靖国参拝批判の出題!? 公教育の公平公正性厳守を!』
『公立中学校で日本海・東海併記地図を使用? 「原発」「集団的自衛権」も批判!?』
となっている。

ダメな右翼の象徴という感じしかして着ません。

他にも質問していることを最後に付記していることから『ここがわかりやすくて票につながる!』として都議会レポートに掲載してしまっていることが推測できます。
そして支持者はこのレポートに書いてあることを受け入れていく人が多いのでしょう。

ああ、自民党はこの路線にどんどん舵を切っているんだなぁ。
と、この都議会レポートを読んで私は呆れるばかりでした。
(ちなみに武蔵野市選出の国会議員は『土屋正忠』という時点でこういう路線にしかなりようがないと思った)

コメント

タイトルとURLをコピーしました