逞しいけど、自己も周りも見えていない国会議員さんについて

80views
この記事は約5分で読めます。

このツイートを入力していたとき、頭に浮かんでいた議員が3名居ました。
内一人はご想像におまかせするとして、その他二人は以下の記事で触れている二人です。

小野田紀美議員
個人的に、二重国籍問題についてはどうでもいい話であるということでそこまで言及せず放置していたのですが、問題視する人々は思った以上にずっと根強く蠢いていたようで。そんな油断をしていた結果、後出しのような言及になってしまいますが、ちょっとだけ...
2018/01/31 宇都隆史議員『(韓国に)「行くのをやめようと思ったら、インフルエンザもはやっているから罹患(りかん)するという手もある』と放言
2018年1月31日、参議院予算委員会が開かれていたのですが、自民党の宇都隆史が質問にて以下のように発言していたようです。自民党の宇都隆史参院議員は31日、参院予算委員会での質問の中で、安倍晋三首相の平昌冬季五輪開会式出席に反対の立場から...

宇都隆史議員については直近で書いているので、ここでは触れません。
小野田紀美議員は、参議院議員の当選自体は2016年なので政権交代は無関係のように見えますが、Tokyo自民党政経塾に入ったのが2010年から2011年の期なので、近いものがあるのかな、と思いまして。

で、過去の記事で、小野田紀美議員について『全体的に軽いとしか思えない』と述べたのですが、最近の産経新聞に掲載されたインタビューを読んで、また『軽く断言してるなぁ。』と思ったのです。

黒人のハーフ、白人のハーフ、ラテン系のハーフ、あるいは百パーセント血は海外で国籍は日本と、国際化した日本ではさまざまな人が生きています。私も小さなころから「ガイジン」といじめられ、石を投げられました。本当の意味で差別をなくすためには隠してはいけない。隠すから「怪しい」「日本に牙をむこうとしている」と疑念を抱かれる。隠せばいいと考える人は、書類を隠しても顔で分かる人たちのことを考えているのでしょうか。

蓮舫氏の国籍問題について語る流れでの発言なのですが、その流れで差別問題全般にまで話を展開させてしまっています。

しかし、差別問題全般にまで広げるならば、隠せばいいと考える人は多分そんなにいないんですよ。
ここで本来小野田紀美議員が言及してるような人は『隠せばいいと思ってる』というより、差別的言動にさらされるので『隠さなければ生きていけない』ような人が多いわけです。

例えば、関東大震災での朝鮮人虐殺問題などの差別問題が先にあって、その結果として『隠す』という流れになっていたりするわけです。

そのように隠す前から様々に疑われ、被害にあっていたことを無視して、『隠すから「怪しい」「日本に牙をむこうとしている」と疑念を抱かれる』としてしまうのは、カミングアウトの強要となり、むしろ被害者である方を追い詰める可能性が高いです。性的少数者のカミングアウト問題のように。

http://www6.nhk.or.jp/baribara/lineup/single.html?i=495

また、蓮舫氏個人の問題としても『蓮舫氏が戸籍の公開を求める人々を「差別主義者」と呼んだことで、海外の血が入った人とそうでない人の対立をつくってしまった。』と小野田議員は述べていますが、実際に当初戸籍公開を求めた人々は中国や台湾国籍であることに執着しており、差別主義者がいた事は否めない事実です。
作ってしまったというより、元々あった特定海外の血が入った人への差別的バッシングと蓮舫氏への個人批判が混ざり合って相乗効果を発してしまっていたというのが本来の形でしょう。
そのような分析もせず、蓮舫氏批判に終止してしまうのが、軽いと私は思うのです。

小野田議員は、上にリンクを貼った前に書いた記事でもそうたったのですが、自分が強いだけのことを他人にまでそうするべきだと押し付けてくる傾向が、あまりにも強すぎるように思うのです。
個人が強くならねばならない、という信念を持つのは勝手ですが、それを政治として、政府の施策や社会問題に反映させようとするならば、強くなれない人間をどうするのか、をきちんと考えて頂きたいです。

そのような考えもなく、とにかく強く強く突き進むなら、私はそれを、一般的な生活も送れていない、強くなれない人間の一人として否定し続けるしかありません。

追記
最近『私のエッジから観ている風景』という書籍を出版された金村詩恩さんが、こんかいの小野田紀美議員のインタビューに関連して、ブログ記事を書いています。
今回の問題の背景を考えるためにも、ぜひ読んでみてください。

まだ「競争」をし続けなければいけませんか? - 私のエッジから観ている風景
民進党がまだ野党第一党で、蓮舫氏が代表だった頃を憶えているだろうか。私は今でも忘れられない。 あの時、蓮舫氏に二重国籍疑惑が持ち上がった。自民党の小野田紀美議員は自ら二重国籍状態であることを公言し、自らアメリカの国籍を捨てたと発表した。これが蓮舫氏に戸籍謄本の一部を公開させるひとつのきっかけになった。 つい先日、彼女は...
私のエッジから観ている風景: 日本籍で、在日コリアンで

金村 詩恩 ぶなのもり 2017-12-19
売り上げランキング : 105329

by ヨメレバ

おまけ

以前、私が国会で飛ばしたやじで先輩議員が野党に責められたと聞き、今はブレーキをかけています。ただ、それでは私らしさがない。もう一度、アグレッシブな、空気を読まない私を取り戻したい。

有田議員が言及してたの、本当に小野田紀美議員だったみたいですね。

で、山本太郎議員の質問にやじ飛ばしてたことについて一部で触れられたら『野党の方が酷いんです』や『質問が酷いんです』と言い出していて、ひたすらに自己の事は棚上げなんだなぁ、と思いました。
こういうのが、冒頭のツイートに繋がるわけですが…

https://twitter.com/horiris/status/959017389852565505

コメント

タイトルとURLをコピーしました