甘利明議員 結局何も説明せず形だけの会見で逃げる

29views
この記事は約2分で読めます。

正直言って、今回の甘利明氏の対応は、舛添前都知事の自ら内容を公表して「違法ではないが一部不適切」と言う、みたいな対応より糞だと思うんですが、一定の利権やいろんな脈を握ってるからやめなくて済むんでしょうね。
(実際は「違法ではない」で逃げながらコンプライアンス云々と言っているので、「違法ではないが一部不適切」 「不適切だが違法ではない」みたいなもので、舛添前都知事と言い訳は大体一緒。違いは自ら内容を公表しているかどうか。甘利氏はずっと隠し通している。)

私は、そもそもグレーゾーン金利の廃止に反対していたような議員は信用できません。

そもそも法律自体がおかしいという意見もある中で『違法ではない』という言い分が通用していいとも思えません。

また、朝日新聞に掲載されている事務所が配布した発言要旨を見る限り、弁護士の調査も結局は『調査しているから安心してね』と言いたいだけで、ほとんど調査した意味はないように私には読めます。
結局は、自分に都合のいい意見を弁護士に代弁させる、行政がよく使う審議会とかみたいな仕組みを採用しただけでしょう。

本当に甘利氏が全く説明しないままで勝手に終わらせてしまった『疑惑』だと思うんですが、説明したほうは辞職して、説明しないほうが逃げきれるという事に、本当に糞だなという感想を抱いています。

 

「疑念を抱かれたこと自体、私の不徳の致すところで、ご心配とご迷惑をおかけした。皆様に深くおわび申し上げる」

甘利前経済再生相 事務所をめぐる問題で改めて陳謝 | NHKニュース

 

法律違反の事実は見当たらなかったとしたが、調査報告書はなく、会見を直前に設定して短時間で済ませたことに、識者からは疑問の声が出ている。

甘利氏「違法見当たらず」…現金授受問題 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

公開されたもの以外の元総務担当者側が保有しているとされる録音内容の確認や甘利事務所外の関係者からのヒアリング等は行っていない

「捜査機関と同様の結論得た」 甘利氏の発言要旨全文:朝日新聞デジタル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました