興味乱舞に引きこもれず

全記事数:550件

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

選挙ネタ

「比例で300万票」はすごく大変だと思うけど・・・

2016/04/04 599views

アドセンス広告

この記事の所要時間: 216

大会では、夏の参議院選挙について、選挙区と比例代表でそれぞれ2人の党の公認候補を擁立したことが報告されたうえで、比例代表で300万票を獲得することを目指すなどとしたことしの活動計画を決定しました。

情報源: こころ 参院選「比例で300万票」活動計画決定 NHKニュース

日本のこころを大切にする党が参院選の比例で300万票の獲得を目標にすることを党大会で決定したそうです。

しかし、この300万票、日本のこころを大切にする党にとっては私から見ると非現実的な目標なのではないか?としか言い様がありません。この記事では、それを幾つかの数字を例に出して述べていきます。

まず、一つ目に参考として出す数字は日本のこころを大切にする党の前身の『次世代の党』が衆院選の比例代表にて得た票数です。

衆院選の比例代表はブロック制なので、少し参院選の比例代表とは仕組みが違うために参考程度の話として受け止めて欲しいのですが、次世代の党の全国を合計した得票数は『1,414,919』でした。約141万票です。

300万票にはこの約2倍の得票をする必要があるのですが、ここで考えて欲しいのは、この衆院選の時には、平沼赳夫氏、園田博之氏という選挙区をガッチリと固めている当確候補2名と、田母神俊雄氏や石原慎太郎氏という知名度が全国区の候補者を擁立、また幹事長にこれまた知名度が比較的高いと思われる松沢成文氏を要するという、現在と比較すると万全な体制ができていたように思います。

それでも約141万票だった、という事実を見ると、今回の選挙で300万票というのは、幸福実現党が一議席を確保するくらいには困難のように私は思います。

 

また、もう一つ見て欲しいのは、この300万票レベルの得票をしているのは、一昔前の共産党や日本未来の党レベルである、という事実です。(2013参院選 共産党『3,563,556票』 2012衆院選 日本未来の党 『3,423,915票』)

この二つの党って、日本未来の党は即解散したことも有ってマイナスイメージが強いと思いますが、元民主党の前職が大量に居たり、知名度では一流だったと思います。また、世論調査でも支持率は3%程度ありました(日本のこころを大切にする党の世論調査での支持率は0~1%程度)

一昔前の共産党は言わずもがなだと思います。

そういうレベルにならないと300万票っていかないんですよ。それをこれから半年程度で目指すというのは非現実的すぎるように私は思います。

そこまで高い目標を掲げないと印象や雰囲気が悪くなる、というのはわからなくはないですが・・・。

 

-選挙ネタ
-, , ,