雑記

COVID-19対策

「現実派vs妄想派」の戦争が始まるようで

なんかこんな感じで、戦争始まってるみたいな認識のようで、そういう認識でのプロパガンダとして「PCR検査で儲けている」という陰謀論のようなものが流行っているように思います。 その「陰謀論...
雑記

個人的に読む前にうんざりする本がある

読む前から、それを読んで持ち上げてる人の属性や反応を見てうんざりする本という存在が私にはいくつかあります。 それはファクトフルネスという本です。 FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に...
政策・思想

海外右翼の東洋へのあこがれ

2011年、ノルウェーで引き起こされた反多文化主義を信念と主張する人間による、ノルウェー労働党青年部への銃乱射や、首相府等の省庁爆破という連続テロ事件。 その首謀者は、日本・韓国・台湾の政治システムを多文化主義を完全に否定していて素...
菅義偉政権

「叩き上げ(の自認)」が悪く機能している例

以前、叩き上げについてダーティーイメージが有ったり、一概にポジティブとは言えない、と言うことをブログに書きました。 ここでは、社会の偏見をつくる構造を中心に書いたように思うのですが、今回は私が個人的に叩き上げのような人を...
菅義偉政権

加藤勝信氏の「内閣府が作業」という説明は正確なのか?

本日の加藤勝信官房長官の定例記者会見で、日本学術会議の任命過程についての質問に官房長官はこう答えたようです。 また、加藤官房長官は午後の記者会見で、菅総理大臣への任命の考え方の説明について、「今回の任命をどういう考え方であたっていく...
民主主義

アメリカ大統領選のディベートの感想を見て「日本と似てるな」と思った話

Twitterでアメリカ大統領選挙のディベートについていろんな嘆きの反応などが流れてきました。 感染対策の観点から候補者同士が握手をせずに始まった討論会は、トランプ氏が繰り返しバイデン氏や司会者の言葉を遮り、最初の20分間で早くも混...
立憲民主党

立憲民主党代表選の若手候補として意外な人の名前が出ていた話

立憲民主党の代表選や総理交代が重なった時期に、野党政治家が多数の番組に出演していたのですが、その中で立憲民主党の代表選に若手を担ごうとしていたと言う話について、具体的な候補者名に触れた話が興味あったので書きます。 中谷氏は「はじめに...
雑記

メディアのタブーってこんなに薄っぺらい話なのか

色々な偶然が重なって青汁王子なる人の動画をみてしまったんですが、その動画でとてつもないくだらない印象操作がなされていて、あまりの酷さに記録として書くことにします。 この動画はこの方が日刊ゲンダイに書かれた記事が一方的に裁...
2019参院選

安倍晋三氏は野党批判が日常だった疑惑 と 政界エリートと政界叩き上げに関する一考察

安倍晋三氏が体調不良で辞任を表明したことを受けて、日本維新の会の音喜多駿参議院議員が安倍晋三氏との数少ない思い出を語るブログを更新しているのですが、そのエピソードの一つが私から見ると酷いものでした。 もう一つの機会は、たしか予算成立...
雑記

麻生太郎氏は切り取られなくてもだめ

記者は「出費について政府が臨時の支出をすることも具体的に考えているか」などと質問。麻生氏は「(休校などの)要請をして費用がかかる場合は、政府が払うのは当然のことなんじゃないですか」と回答した。麻生氏は次の質問を待つ間、記者に「つまんないこ...
タイトルとURLをコピーしました