興味乱舞に引きこもれず

全記事数:591件

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

小ネタ

高須克弥問題

 125views

アドセンス広告

この記事の所要時間: 39

高須院長はさらに「明日中猶予を与えます。詫びがなければ明後日提訴します。僕も老人だから老人だからと容赦しません。」さらに「ミヤネ屋の提供降りるか。詫びを急いだほうがいいと思うけど…」ともつぶやいた。

ミヤネ屋での浅野史郎氏発言に激怒の高須院長「提供降りるか。詫びを急いだほうがいいと思うけど…」 : スポーツ報知

高須克弥氏が、自身の裁判についてのコメントで激怒して『提供おりるか』と脅していたようです。
その後、番組として「高須院長、これからも仲良くしていただけますでしょうか。ぜひ、イエスとおっしゃっていただきたいと思います」という謝罪が行われ『全部許すぜ。』などと応じたようです。

これ、正直言って恐ろしい話ですよね。
金で番組の主張を動かすという話になりかねないわけです。

で、ちょろっと調べてたら、高須氏は過去に報道ステーションに対して、番組内容に不満だからとスポンサーを降りたことがあるというのです。

このときは『圧力になってはいけない』ということを何度もインタビューで述べていたわけですが、今回はそういう事を忘れるくらい激怒していたということでしょう。

(個人的には、こういう話から、仮に『報道』とか『情報』を扱うような番組は、たとえ民放だったとしても、スポンサーと番組の関係を一度整理した方がいいように思います。)

ただ、この激怒になっている提訴もろくでもないものでして。
そもそも大西議員の質問は『規制でCMでは何も説明できない状態になっているけど、一方でホームページなどは規制されてないからやり放題で、規制がぐちゃぐちゃな結果、悪徳クリニックのやり方を許してしまっているのではないか?』という話をしているわけです。

それがいつの間にか『CMが陳腐』というところだけ抜き出され、その例に『YES 〇〇クリニック』という物があったというところだけ抜き出され、高須氏がそれに激怒し提訴に至ったため、どうしようもなくなっている、というのが現状です。

感情的なもつれの部分は仕方ないですし大西議員の論評にも悪い点はあるでしょうが、個人的には高須氏の派手な仕掛けに違和感を覚えます。

しかもこの裁判について、高須氏は誤った認識を流しています。

民進党が答弁書による陳述を行ったのにも関わらず、高須氏は『被告人本人が来ていない、民進党は何も反論していない』という事を述べているわけです。
これも知らなかった故の言動なのでしょうが、私にはすべてが悪質であるように思えるのです。

この強い執念と豊富な資金が、まともな方向に向けばいいのでしょうが、最近は札束をもつ画像をツイートしていたり、そもそもナチスを擁護し続けていたりと歴史認識がハチャメチャであり、これからも碌なことがないと思われ、こういう言い方はあれですが金持ちなだけめんどくさいな、と思ってしまいます。

関連記事&アドセンス広告

-小ネタ
-, ,