自民党議員 デマサイトNetgeekで情報戦

973views
この記事は約2分で読めます。
Twitter / ?

長尾たかし議員は、安倍晋三氏にスカウトされ?、わざわざ投票日前日に公認を下ろすなどされていたような議員です。
情報戦という言葉のチョイスからして個人的にはドン引きなのですが、それで利用しているサイトが『Netgeek』なのもどうしようもないはなしです。
(ちなみに、情報戦という言葉は、ヘイトスピーチ規制問題で、山田賢司議員が述べていたりします)
http://rispair.com/?p=4526

Netgeekというのは、いわゆるネット右翼?の好むような偽情報を流すようなメディア、要するにフェイクニュースメディアとしか言いようが無いものです。

サービス終了のお知らせ - NAVER まとめ
NAVERまとめ サービス終了のお知らせ

ちなみに、今回長尾たかし議員がツイートした記事の内容も嘘情報であります。

「泉放送制作という制作会社が日本の全テレビ局を牛耳り反安倍報道を仕掛けている」 拡散するネトウヨのデマを大真面目に検証! - 本と雑誌のニュースサイト/リテラ
 ANNの世論調査でついに内閣支持率が29.2%という「危険水域」の20%台にまで落ち込んだ安倍政権。そんななか、ネット上で急速に拡散されているデマがある…

(ここで利用しているリテラも、様々な問題を抱えているサイゾー系のメディアであることを付記しておきます)

一方、Netgeekを利用してしまう国会議員は、長尾たけし議員だけではなく、私が知る範囲ではもう一人います。
最近では、前川氏が初めて参考人招致されたときに、自民党会派を代表して衆議院予算委員会で質問していた平井卓也議員です。

平井卓也議員は、元西日本放送の社長であったり、自民党のネットメディア局長だったりIT戦略や情報調査のトップをしていた(している)わけで、そういう方面に無知ではないことは明白です。(そういう意味では『ハム速を守ろう』とか言ってしまう愚かさとは質が違う気がする)
そういう議員が“敢えて”Netgeekのようなメディアを拡散してしまうのは、『情報戦』の恐ろしさというか醜さを見てしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました