興味乱舞に引きこもれず

全記事数:575件

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

小ネタ

LINE株式会社の役員がキュレーション批判をするという盛大な冗談

 87views

アドセンス広告

この記事の所要時間: 243

LINE株式会社 上級執行役員であり、NAVERまとめ(の広告関係)に携わっているという田端信太郎氏が以下の様なツイートをしておりました。

正直言ってNAVERまとめって『どこの誰かわからない奴が書いたもの』を使って金儲けしているメディアじゃないですか。

そういうメディアに関わっている人間が、キュレーション批判を拡散するって、お前の頭どうなってんだ?という話ではないでしょうか。(NAVERまとめは自称でも『日本最大級のキュレーション・プラットフォーム』を名乗っている

これまでのNAVERまとめの著作権侵害への対応の参考

【驚愕】9割パクられた記事をNAVERまとめに削除依頼したら送られてきたマニュアルはこれよ。。。

NAVERまとめに無断転載“された”側の訴え……「抗議への対応に驚愕」

申し訳ございません。

【パクリサイトの最大手】NAVERまとめがブロガーの首を絞める

NAVERまとめがサービスを見直すべき3つの理由

NAVERまとめにぱくられたらやるべき対処

また、 ライン株式会社はライブドア関係のサービスを運営しているわけですが、そのライブドアで一番有名だと思うライブドアBlogというサービス、これも『どこの誰かわからないヤツが書いたもので儲けるビジネス』ですよね。

特にこういうライブドアBlogが大量に囲い込んだ『まとめBlog』という形態は、キュレーションメディアなんかよりも悪質な著作権侵害や、誰が書いたかわからない2chの書き込みなどを拡散するという形でアクセスを稼ぎ儲ける媒体です。

そういう媒体での広告配信で儲けてきた企業の役員がキュレーションを批判するなんて、自社のサービスをどうにかしろよ、としか言いようがありません。

(一応NAVERまとめも改善策?と言えるものを出しているものの、正直言ってここ数年の無法状態や他サービスでの権利関係の酷さを考えると、逃げ切り勝ちを目指すのだろうと思われます。というか改善策が『一次情報者の権利保護の施策として情報がまとめられた際にインセンティブを還元する』って、一次情報者が気付かなければそれでいいし、気付かれたら金払えばいいよね、という意識なんじゃないの?と穿ってしまいます)

 

余談
田端信太郎氏って完全にこういうイメージなんですよね。なので正直真面目に相手にすることに対し、こういう商法に乗っかることになる可能性があるので躊躇する事が多いです。(画像はいらすとやの『炎上商法のイラスト』を使用しています)
関連記事&アドセンス広告

-小ネタ