ドナルド・トランプ

外国関係

知の巨人のトランプ理想論

ロシアのウクライナ侵攻前後で鈴木宗男氏の自分でも「鈴木宗男=ロシア」と自称しているような言動が注目されていましたが、それと同時に鈴木宗男氏と過去一緒に逮捕されて外務省批判をタッグを組んで行っていた佐藤優氏の言動も一部では批判対象となってい...
格差・貧困問題

「リベラル」の定義が粗雑では?

この記事、全体的に『雑語り』の粋にある記事だと思うんですが、そもそもリベラルと反リベラルの定義が雑だと思うんです。 まず、リベラルとは主に誰で、反リベラルとは主に誰なのかを確認しましょう。バイデン次期大統領の支持は、①都市部...
選挙ネタ

トランプのまいた種が何故か日本でも芽吹く

なぜかトランプが仕掛けた陰謀論が日本で爆発していたので、記録と反論を。 そもそも大量のトランプ票が捨てられていたなんてソースはありません。ありませんし、現在トランプは開票を止めろという主張はしていますが、票を...
選挙制度

複数のソースに頼ったほうが不信は起きないのかもと大統領選世論調査不信論を見て思った

アメリカ大統領選挙が開票が進んでいく中、接戦州の一部をトランプ氏が制したと言うマスコミの確定報道を受けて「報道・世論調査は信用ならない」と煽る人が何人も見られました。 これは事前の予想のようなものと、実際の結果の接戦具合の差を見て述...
菅義偉政権

次のアメリカ大統領によって会いに行く積極性を変えると言い出したっぽい日本政府関係者

菅首相は外交にはあまりこだわりがないので、変なことはしないだろう、なんて言われていたような記憶があるのですが、菅首相ではなくその周辺に変なのがいるのかもしれません。 昨夜、共同通信が政府関係者談としてよくわからないことを報じました。...
外国関係

アメリカ大統領選のディベートの感想を見て「日本と似てるな」と思った話

Twitterでアメリカ大統領選挙のディベートについていろんな嘆きの反応などが流れてきました。 感染対策の観点から候補者同士が握手をせずに始まった討論会は、トランプ氏が繰り返しバイデン氏や司会者の言葉を遮り、最初の20分間で早くも混...
政策・思想

科学と政治 COVID-19の事例

PCR検査を増やすべきではない、もしくは、増やしたくない人の論によって、感染者の把握が阻害されていたり、見舞金の不正受給を疑う論調が加速されているのでは?という内容の記事を過去に書いたのですが、この記事で触れたearlの人が、こんなことを...
歴史認識

戦争中の兵士はいろんなものに酔っている

昨年8月にトランプ大統領が選挙資金パーティーで話していたとされている、安倍首相との会話についての内容についていまだにひっかかっていることがあります。  同紙が「特ダネ」として伝えたところでは、トランプ氏は日米首脳会談での関税問題をめ...
外国関係

ドナルド・トランプの人物評なんてろくでもない

ドナルド・トランプの文在寅人物評をありがたがってる産経の阿比留記者を見かけました。韓国バッシングのためなら何でもいい人たちは持論語りのためにこんなものでも引用しちゃうんですね。 このように、大統領が嘘つきならその国は嘘を...
外国関係

トランプ大統領の嘘つきを改めて実感。

 ホワイトハウスであった15日の記者会見が始まりです。トランプ氏は、安倍氏がノーベル賞関係者に送ったという5ページの「最も素晴らしい書簡」を安倍氏から受け取った、と明らかにしたのです。書簡を受け取った時期は明らかにされていません。 推薦の...
タイトルとURLをコピーしました