興味乱舞に引きこもれず

全記事数:724件

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

国会

委員入れ替えを利用した印象操作

 全期間:77views   直近一週間:views  直近一ヶ月:views

アドセンス広告

この記事の所要時間: 136

まるで委員を辞任することがおかしいかのようにツイートされてますが、動画で、ほかにも多数名前が読み上げられていることからもわかるように、たんなる事務的な話でしかありません。
そしてこのような、委員を入れ替える動きは、委員会では常に行われています。
他の委員会との開催時間の関係やら、理由は様々です。(国会に出てきていないとは限りません)
とにかく、理事でもない限り、毎日のように、委員会の委員は、辞任補充を繰り返しています。(時々、採決のときに党議拘束内容と違う委員を差し替えたりする動きがあり、それは問題になりますが、そうでない場合を一々『国会そっちのけ』と問題にしてたら大変です)

(例示)

こんな感じで毎回毎回入れ替わってるのです。なので、辞任することは一切不思議なことではなく、『国会そっちのけ』でもなんでもありません。

このツイートでは、委員会の委員を辞任したこと自体はどうでもよくて、単に『国外亡命』を皮肉りたかったのでしょうが、委員辞任を利用してる部分をほっとくと嫌な予感がするので、一応指摘しておきます。

 

ちなみに

というわけで、普通に明日、外交防衛委員会に出てくるようですよ。それに、テロ等準備罪はまだ成立してませんしね。

あと、これは勇み足かもしれませんが、多分そもそも小西議員、決算委員会は主戦場じゃないですよね?たまたま補充用意だったのを利用されたっぽいのがまた嫌な感じがします。(日ごろの小西議員の言動のうかつさにも批判的ですけどDAPPIの方がもっとアレ)

-国会
-