興味乱舞に引きこもれず

全記事数:700件

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

選挙ネタ

政治団体などの団体が選挙期間中に出来ないこと

2016/06/22 全期間:249views   直近一週間:views  直近一ヶ月:views

アドセンス広告

この記事の所要時間: 21

こんなツイートを見つけて
『SEALsはデコイとして人気だなぁ。しょっぱい奴はみんな潰したがるなぁ。』
なんて思ったんですがコレに関してなんとなく相手にしておきます。

まず、選挙期間外はいかなるものも選挙運動は事前運動に当たりますので、できません。ですから22以降は、というのは意味がわかりません。

そして、22日以降は、態様や効果の点において、選挙運動と紛らわしい一部政治活動が禁止されます。

その対象は『政党その他の政治活動を行う団体』、そこには政治団体、文化団体、経済団体、労働団体が含まれます。
(つまり、個人の政治活動は自由にできます。団体は動けないというだけです。)

自治大阪というものにそこらへんの情報が掲載されています。(201009_p10.pdf
(いろいろ詳しい方のブログ記事もありました ◆「選挙時における政治活動は何か規制されますか」/他の選挙期間中は政治活動が制限される - てらまち・ねっと

具体的に制限される内容は以下の通りです

1政談演説会の開催
2街頭政談演説の開催
3ポスターの掲示
4立札及び看板の類の掲示(政党その他の政治団体の本部又は支部の事務所において掲示するものを除く)
5ビラ(これに類する文書図画を含む)の頒布
6政策の普及宣伝(政党その他の政治活動を行う団体の発行する新聞紙、雑誌、書籍及びパンフレットの普及宣伝を含む)及び演説の告知のための自動車及び拡声器の使用
7機関新聞紙及び雑誌に選挙に関する報道、評論を掲載して頒布し、又は掲示すること
8連呼行為
9掲示又は頒布する文書図画(新聞紙及び雑誌を除く)における特定候補者の氏名等の記載
10国又は地方公共団体が所有し又は管理する建物(専ら職員の居住の用に供されているもの及び公営住宅を除く)における文書図画(新聞紙及び雑誌を除く)の頒布(郵便等又は新聞折込みの方法による頒布を除く)

これに引っ掛かるもの、特に候補者名掲載とかを監視させるのが、冒頭ツイートの呼び掛けの狙いなのでしょうが、正直揚げ足とりっぽくて、しょっぱいなぁ、と思います。
こんなしょっぱい動きに左右されないよう選挙期間中は気をつけて欲しいですね。

-選挙ネタ