労働問題

自民党

外国人労働者の人生を気軽に借りようとする政府

政権が、外国人労働者を増やすための出入国管理法改正を行おうとして、それに対して注目が集まっています。 この法整備を行うきっかけは、菅官房長官であったという話を時事通信は伝えています。 政府関係者によると、発端は菅義偉官房長官に...
人権問題

外国人技能実習生の問題は労働問題

6月頃から、朝日新聞が外国人技能実習生制度について記事をいくつか書いています。 外国人技能実習生については、5月末に、三菱自動車で、本来計画されていた業務内容と本来行っていた業務が違うことを朝日新聞が報じています。それ以降も同じ監理...
労働問題

田端信太郎氏の見解とZOZOTOWN

田端信太郎氏の発言についてZOZOTOWNに対する抗議活動(退会運動など)が起きている件について、上記のように会社に抗議するのは過剰なのではないか?という意見がある。 しかし、私は、田端信太郎氏を『田端氏がどういう意見を持とうが直接的...
国会

働き方改革関連法案のデータ問題についての疑問。

働き方改革関連法案が、採決されようとしています。 そんな中、NHKに与野党キーマンの主張がまとめられていました。 これを読んで気になったのは、例の不適切データの取扱の問題です。 これは、私が国会などでの、政府の主張を追ってないので...
自民党

デフレマインドと合成の誤謬と

デフレマインドという言葉がある。長年のデフレによって定着してしまった考え方全般を指す言葉だという。 この言葉が使われる際、大抵は消費者が抱く考え方について批判的に言及されているように思う。 また、同じような形で合成の誤謬という概念も使われ...
国会

審議拒否を不登校や出社拒否で例えるのは違うのでは?

なぜ、こんなへんてこな例えをしてしまうのでしょう? 『上司が辞めないと』とか『あの先生がいやだから』と表現されているのは、野党による麻生大臣などへの辞任要求込みの審議拒否についてでしょう。 まず、国務大臣と野党の間に「上司と部下」や「...
自民党

長尾たかし議員の『こちらの方々は、少なくとも私にとって、セクハラとは縁遠い方々です。』発言を問題だと思う理由

20日午前、国会内では野党の女性議員が中心となって抗議集会を行った。議員たちは米国発のセクハラ告発運動にならって「#Me Too」と書かれた紙を掲げ、女性議員は黒い服に身を包んで参加した。すると同日夜、長尾氏はその集会の様子をおさめた写真...
人権問題

技能実習制度が負の遺産になる前に

先週、外国人技能実習制度について、2つ、実習生を杜撰に扱っていたとしか思えないニュースがありました。 強制帰国 横浜市の水産加工会社で働いていたベトナム人男性技能実習生(27)が、男性の受け入れ窓口となった監理団体「房総振興協同組合」(千葉...
自民党

2018/03/30 毎日新聞の勇み足報道

自民党の白須賀貴樹衆院議員(千葉13区)は29日、働き方改革関連法案を議論する党の厚生労働部会などの合同会議で、自身が運営する保育園で病児保育のため採用した看護師について「雇って1カ月後には実は妊娠して産休に入ると(言ってきた)。人手不足で...
自民党

2018/03/13 予算委員会の中央公聴会にて、渡邉美樹議員が過労死遺族会の方に対し質問していたという話

森友関連の決裁文書が改ざんされていた問題でグチャグチャしている中、自民·公明·維新·無所属クラブの4会派にて、参議院予算委員会の中央公聴会が行われました。 全体で言うと3テーマで公述が行われたようですが、その中でも一番最初に行...
タイトルとURLをコピーしました