立憲民主党

自民党

外国人労働者の人生を気軽に借りようとする政府

政権が、外国人労働者を増やすための出入国管理法改正を行おうとして、それに対して注目が集まっています。 この法整備を行うきっかけは、菅官房長官であったという話を時事通信は伝えています。 政府関係者によると、発端は菅義偉官房長官に...
自民党

立憲民主党、国民民主党、各々の矜持

週プレニュースが、2日続ける形で、国民民主党代表玉木雄一郎氏と立憲民主党代表枝野幸男氏のインタビュー記事を掲載しています。 この2つのインタビュー記事を読み比べると、両党が接近しきれない理由がほのかに見えてきて面白いと思いました。 ...
希望の党

橋下徹「野党」から出馬との不気味情報

政界復帰をめぐっては、「維新の立て直しが目的」「安倍晋三首相・菅義偉官房長官と定期的に食事をする親しい関係なので、自民党から出馬か」などと語られていた。それが、ここへきて、橋下氏が参院選に出る場合は野党から出馬する方向になってきている。 ...
自民党

都民ファースト、闘争開始

先月末、品川区長選挙が行われ、自公推薦候補の現職が再選しました。 その選挙に際し、都民ファーストが新人候補を,立憲民主党、自由党、共産党と推薦するという動きをしていましたが、この候補者推薦について、都民ファーストが揉めているようです...
希望の党

玉木雄一郎氏の政治資金パーティーに関する報道で考えたこと

9月9日に行われた国民民主党党首玉木雄一郎氏の政治資金パーティーでの国会議員の発言について2つ朝日新聞が記事を書いています。これらについて、正直だと思うんですけど、これで支持者は本当に良いの?と思ってしまいましたので、記事にしてみます。 ...
国会

議院内閣制&小選挙区制という組み合わせと、政府・与党の関係性

玉城 議院内閣制ですから、政府と与党が一体なのは当たり前。ただ、国会の運営上、国対では与野党間で折り合いをつけないとスムーズに進んでいきません。ところが、安倍政権はそこにも介入してくる。何でも手を突っ込むのが今の官邸の手法です。そういう姿...
国会

国民民主党の幹部の残念な発想

先月末から、FNNニュースが野党特集のような連載を始めています。その特集にて、国民民主党の幹部の発言として、ちょっと唖然とする内容が書かれていました。 「第2の立憲民主党になるより、第2の自民党になったほうがマシだ」 ...
自民党

参議院 拘束名簿部分導入に関して、驚いたこと

2018年7月9日。参議院の政治倫理・選挙制度特別委員会にて、参議院の選挙制度改正について審議が行われました。 参議院選挙の1票の格差を是正するための公職選挙法の改正案をめぐって、参議院の特別委員会は、9日、公明党が提出した案を採決し...
自民党

参議院選挙区変更案 立憲は希望の党案を共同提出 公明が自民案の修正を提案

参議院の選挙区や選挙制度を修正・改正する議論について、週末から2つの動きがありました。 これまでの経緯について、このブログで触れた記事は以下のものがあります。 まず、公明党が自民党に対し、自民党案の修正案を提案したそうで...
自民党

日本維新は大選挙区制 共産党は非拘束名簿式比例代表制 国民民主は2増2減で現行制度 希望の党は石川福井を合区にする2増2減

日本維新の会は5日、参院選挙制度をめぐり、全国11ブロックの大選挙区制を導入する公明党案をベースに、現行の総定数242の1割を削減する改革案をまとめた。6日にも参院に法案を提出する。 共産党は5日、全国10ブロック(定数10~40)の比例...
タイトルとURLをコピーしました