参議院

国政選挙

参院選 非拘束名簿式比例制度の投票で、何を聞かれているのかについて

参院選、序盤情勢がいくつか出てくるような局面になりましたが、毎度のことながら、比例区の投票について迷っている人が多く見受けられます。 その参考になるかどうかはわかりませんが、この記事では、票数の使われ方を元に、投票はどのような意思表...
自民党

続・特定枠考察

前回の特定枠考察という記事にて、以下のように専門家や活動家を支えるのに使える可能性があることに触れました。 一方、その他の使い方として、争点などになる社会問題についての専門家や活動家を特定枠に載せることにより、政党としてのその...
自民党

なぜ参議院は非拘束名簿式比例代表制になったのか

今回、参議院の非拘束名簿式比例代表制に特定枠が導入されるという話になり、気になったことが一つありました。 それは、なぜ参議院の比例は非拘束名簿式比例代表制を採用するに至ったのか、ということです。 それを調べてると、自由法曹団の導入議論が...
自民党

特定枠考察

昨日の衆議院本会議にて、参議院の定数を6増し、比例に特定枠を導入する法案が可決成立した。 与党は、次回の参議院に向けてできるだけ早く周知するためなどという理由から、ほとんど審議時間を確保せずに通したのだが、今回の特定枠について改めて考えて...
自民党

参議院 拘束名簿部分導入に関して、驚いたこと

2018年7月9日。参議院の政治倫理・選挙制度特別委員会にて、参議院の選挙制度改正について審議が行われました。 参議院選挙の1票の格差を是正するための公職選挙法の改正案をめぐって、参議院の特別委員会は、9日、公明党が提出した案を採決し...
自民党

参議院選挙区変更案 立憲は希望の党案を共同提出 公明が自民案の修正を提案

参議院の選挙区や選挙制度を修正・改正する議論について、週末から2つの動きがありました。 これまでの経緯について、このブログで触れた記事は以下のものがあります。 まず、公明党が自民党に対し、自民党案の修正案を提案したそうで...
国政選挙

参院定数6増をめぐる「青年局VS参議院自民党」

自民党が正式に参議院に提出した、埼玉県選挙区の定数を2増し、比例区の定数を4増し、拘束名簿の部分を新しく付け足す公職選挙法改正案について、自民党内で多少動きがあるようです。 FNNニュースが2日続けて関連のニュースを出しています。...
希望の党

日本維新は大選挙区制 共産党は非拘束名簿式比例代表制 国民民主は2増2減で現行制度 希望の党は石川福井を合区にする2増2減

日本維新の会は5日、参院選挙制度をめぐり、全国11ブロックの大選挙区制を導入する公明党案をベースに、現行の総定数242の1割を削減する改革案をまとめた。6日にも参院に法案を提出する。 共産党は5日、全国10ブロック(定数10~40)の比例...
公明党

公明党が大選挙区制を推す理由

公明党の北側中央幹事会会長は記者会見で、「公明党も、今の選挙区と比例代表を廃止して、全国を11のブロックに分けた『大選挙区制』を導入するという案を持っている。党として対案を出すかどうかも含めて検討していきたい」と述べました。 「『大選挙区...
国政選挙

参議院選挙制度に設計思想が存在するのか?

自民党案は、議員1人当たりの有権者が最も多い埼玉選挙区の定数を6から8に増やして格差を3倍未満(2016年参院選は最大3.08倍)に抑える。比例代表の定数も4増し、各党の候補者名簿に、あらかじめ決めた順位に従って当選者が決まる「拘束名簿式」...
タイトルとURLをコピーしました