7条解散

国会

解散権の行使を批判しても『しょうがない』のか?

負け犬の遠吠え、という単語がタイトルに選ばれていますが、個人的にはそこよりも『批判してもしょうがない』という点が気になります。 松井一郎氏は『だからこそ総理に解散権がある』としていますが(だからこそ、の意味がわからないです)、与党が有...
タイトルとURLをコピーしました