労働災害

労働問題

精神疾患で労災、30代が最多

長時間労働やパワハラなどで精神疾患となり、労災認定された事案の発症時の平均年齢は39.0歳、年代別では30代が最多だったことが分かった。心筋梗塞など脳・心臓疾患の労災事案では発症時の平均が49.3歳、最多は50代だった。 精神疾患の労...
タイトルとURLをコピーしました