日本維新の会

『小泉さんや竹中さんが思い描いていたこと』をどんどん進めていくのが日本維新の会

そして「あらゆる業界の規制緩和を進める」と強調した藤田氏。しかし「規制緩和を進めて民間の競争に任せ、成長を促す」というのは、小泉純一郎元総理が竹中平蔵氏と組んで進めた「小泉構造改革」を想起させる。新自由主義的な小泉改革には「格差を拡大させた...
地方選挙

河北新報の仙台市議選情勢調査はどんなもんだったのか

前回のブログで仙台市議選に触れましたが、仙台市議選について河北新報が終盤情勢調査を出していました。 大選挙区制の選挙の情勢調査の順位はあまり信用するな、みたいなことを何度か聞いたことあったのですが、今回はどうだったのか、ざっくりと見てみまし...
地方選挙

維新から仙台市議選に立候補した人を調べてみたら…

最近日本維新関係のブログばかり書いていますが、今回も維新関係です。  当選議員を党派別で見ると、自民は18人で第1党を維持しましたが、選挙前に比べ、3人減らしました。  立憲は11人で、選挙前から1人減。公明は9人。立候補した全員が当選し選...
国政選挙

維新のとある候補について突っ込みたくなったこと

ある日、Googleでなんらか検索していた際に、維新の衆院選での公認についてのテンプレニュースが目に入りました。 時事通信がタイトルに持ってきた『サーフィン日本代表監督』が気になったので調べてみました。 すると、『元県議会議員』という肩書が...
自民党

『第二自民党』で思い出すこと 〜『自民党渡辺派』『自民党の二軍なら』〜

立憲民主党と日本維新の会が批判しあってる流れで、第二自民党という言葉が出てきました。 きっかけは出演者がそう発言したからのようですが、馬場氏は『第二自民党』ということについて肯定的な発言で返しています。 (立憲民主党からすれば維新は第2自民...
2023統一自治体選挙

都道府県議会での『住所要件』について

埼玉県選挙管理委員会は13日、さいたま市内で会議を開き、4月9日に投開票された県議選で南1区(草加市、定数3)で初当選した中村美香議員(36)(日本維新の会公認)について当選の無効を決めた。立候補者の居住要件を満たしていないと判断した。県選...
希望の党

『新党ゼロ』覚えていますか?

果たして何人が覚えているだろうか。『新党ゼロ』という党名候補がどういうタイミングで誰の手で出てきていたのか。 当時の私のツイートにも垣間見えるように、私はこの『新党ゼロ』のノリが嫌いだったのですが、このときの中心人物であった関健一郎氏が維新...
大阪維新の会

ハラスメントにつながる考え方

大阪維新の会の横山幹事長は記者団に対し、党所属の議員らを対象にハラスメントの有無に関する調査を行った結果、14人から申告があったことを明らかにしました。今後、聞き取り調査などで事実関係を確認し、内容によっては処分を検討するとしています。 こ...
日本維新の会

京都維新の不祥事について連想

日本維新の会京都府総支部の幹事長を務める上倉淑敬京都府議は、2018年と2019年、自身が代表の資金管理団体の政治資金収支報告書を、期限内に提出していなかったということです。  政治資金規正法では、1年間の収支報告書を、翌年の3月末までに提...
人権問題

梅村みずほ氏を処分しても変わらない維新

梅村みずほ氏が支援団体の発言によってウィシュマ氏に期待を与えたことが死の原因だみたいな質問をして問題視され、その後もその路線を加速させて質問に立ち続けたら維新が法務委員会から外した案件。 梅村みずほ氏にはその後、党員資格停止6ヶ月という処分...