興味乱舞に引きこもれず

全記事数:735件

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

政策・思想

1996年の表現規制

2015/10/30 全期間:54views   直近一週間:views  直近一ヶ月:1views

アドセンス広告

この記事の所要時間: 052
2015/ 4/24 18:40

『わかりやすさの本質』という新書を読んでいたところ、本の本筋ではない、ある一つの記事が気になった。

それは写真で掲載した『芸術が分からない』という記事。これは「ステージ」という知的障害者向けに作られた新聞の一記事で、日付は1996年9月となっている。

美術展にて性器が露出した人形作品に、警察から『公然わいせつ物陳列に当たる』との警告を受けた結果、おむつが下半身につけられた、というのが記事内容だ。

これはなんだ?と調べたら1996年に世界都市博覧会の補償事業として行われた『「アトピックサイト」展』で行った出来事のようだ。(http://htn.to/F8tjJM

このアトピックサイト展には他にも様々な問題点があるらしく、細かく調べてみるのも面白いのかもしれない。

最近『写真の下半身に布』や『ろくでなし子逮捕&北原みのり逮捕』といった事象があったが、わいせつ基準の変さという論点はこの頃から露だったというのを知り、私は非常に驚いた。

-政策・思想
-,