興味乱舞に引きこもれず

全記事数:611件

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

外交 外国関係

2017/12/19 スティーブバノン氏と外交について。

2017/12/20 全期間:89views   直近一週間:1views  直近一ヶ月:28views

アドセンス広告

この記事の所要時間: 78

自民党の河井克行総裁外交補佐が、昨日、『扇動的なコメントを書いたり、明らかな荒らし行為を始めたりする特異なニュースサイト』であったブライトバートニュースの重役である、元大統領主席補佐官スティーブバノン氏と会談していたようです。

スティーブバノン氏が、フェイクニュースを流すニュース機関として『日本のCNNだ』とかアホを言いながらNHKを挙げていたということを素直に産経新聞が報じていたので、これもフェイクニュースなのかと思ったのですが、フェイクニュースではなく真実だそうです。

ちなみにこのバノン氏との会合の近辺に、河井克行氏は以下のようなツイートを行っていたのですが、『NHKは日本のCNNだ』に共感してそうですね。

河井氏は今月の6日にもバノン氏と会談を行っていたのですが河井氏いわくこの時の会談はバノン氏の自宅で行われていたそうです。

また、バノン氏は今回、J-CPACというものに参加するために来日しているのですが、バノン氏とは絡みませんが、この胡散臭い会合の登壇者に佐藤正久外務副大臣の名前もあります。(この会合の実行委員会のメインである一般社団法人の事務局は産経広告社内にあるそうです。また、その一般社団法人の中心人物とされる饗庭直道氏は、名乗っている肩書や経歴について誇大表示である可能性が非常に高いとされている人物です。しかし、産経新聞は夕刊フジに長い間幸福実現党のコラムを載せていたり、グループ会社内にある産経新聞社の理事が創設者である一般社団法人には幸福実現党関係者が中心人物にいたり、なんだか幸福実現党との関係が想像以上に深そうですね。)

佐藤正久氏以外の登壇者には、産経の正論などでよく目にする名前が勢揃いしているのですが、外交に関わる人材が軒並み右派人脈を形成してる人物ばかりなように見えるのは、やはり政権のトップが安倍晋三氏だからでしょうかね。
(外務大臣は河野太郎氏ですが、河野氏も河野氏で危ういわけで。)

そういう思想の方向で外交を通じて海外に影響を与えなければいいのですが。

少なくともバノン氏に対しての対応には、この後ツイートを引用する、希望の党の前原誠司氏含め、凄い違和感があります。
外交儀礼もあるとは思いますが、それにしてはバノン氏に対して前のめりすぎるように思うのです。

トランプ政権に関係している人間の中で、あえて一番過激な人間がこのように扱われているのは、バノン氏が目立つ人であるだけなのか、本当にバノン氏に対してだけ前のめり姿勢があるのか。

少なくとも私には、今のバノン氏に対してこのような動きが見えるのは、前のめり姿勢があるように見えますし、それは色々と危ない傾向のように私は考えます。

ちなみに、スティーブバノン氏いわく、安倍晋三氏はトランプと同じナショナリストであり、『トランプよりトランプだ』だそうな。なんというか…

2017/12/20 追記

自民党の牧原秀樹議員もスティーブバノンに会い『世間で言われているより綿密なリアリスト』と評しています。
曰く、北朝鮮や中国の脅威があるのに、日本の一部政党やフェイクニュース的な大メディアは寝ぼけたことを言っている。彼らの目的は何なのだ、とバノンは主張していたとのこと。
こういうとこに共感してしまったのでしょうか。
野党嫌いとメディア嫌いが共通点となり、そこで結びついているように思います。

牧原秀樹議員は、オバマ氏が大統領時代に広島を訪れたことに触れたブログで『改めて、審議拒否やヤジ、そして対案なき反対のための反対などが繰り返される国会を思うとき』とか言い出したり、参院選では『会社の経営が傾きつつあるときに、その社内で誰が悪かったのか、あるいはその社内のスキャンダルの追及のみに全力を掲げているところがあったら、社外から見てどう思うか?』と与党などへの批判を「総力戦に協力しない人間は反日非国民」とでも言いそうな理屈で全否定するようなことを言い出したり、挙句2014年には、なぜそう判断したのかよくわからない形でポスター破損などがあったことについて『民主党を強固に応援する方』と明記したり、日本の貧困について『日本で貧困、と言っても世界の貧困問題ははるかに深刻かもしれない。そして、日本で生まれたことはすごく幸せなことかもしれない、という視点も考えるべきこと』という誤魔化し、混ぜっ返し、愛国心で問題隠蔽的な理屈を持ち出す、なんとも大人げない残念な日本最高学府出身者なのですが。(本当に枝野幸男氏が当選してよかったですね。)

リアリストが虚偽のニュースや陰謀論を撒き散らし、白人至上主義を撒き散らし、(地位向上を目指すような)女性への蔑視を撒き散らすような事態。
そんなのがリアリストと言われる現状を嘆かずして、なにを嘆くだろうか。
こういうのが『リアリスト』ならば、私には、その“リアル”は抵抗しないといけないもののように思えます。
リアリズムに基づく差別主義者は、あらゆる事態が想定できる中でトップクラスに危険であるのは明白でしょうから。

最後に自民党の二軍の国会議員さんが珍しく私と共通認識をもっていそうなのでそのツイートを引用しておきます。
あと、ブライトバートニュースやスティーブバノンについて参考になるページもリンクしておきます。
こういう点について自民党の二軍以下の自民党議員は何人いるんでしょうね。

関連記事&アドセンス広告

-外交, 外国関係
-, , , , , , ,