興味乱舞に引きこもれず

全記事数:710件

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

小ネタ

河井克行議員の都合のいい派閥批判

2016/04/04 全期間:195views   直近一週間:views  直近一ヶ月:5views

アドセンス広告

この記事の所要時間: 147

自民党の河井克行議員のFacebookに、今回の総裁選を無投票にすべきという主張が掲載されていたのですが、その主張の一部によくわからない主張が載っていたので、転載しておきます。

さらに言えば、古い派閥政治の象徴が過去の自民党総裁選挙でした。不透明なカネの噂が付きまとい、派閥の力学や派閥の領袖たちの思惑によって自民党の総裁が選ばれる、あんな時代に逆戻りして良いのでしょうか。先人が深い反省のもとに政治改革を断行して二十年。小選挙区制度の総選挙を実施すること六回。ようやく自民党が近代的な政党に変わったいまになって、なぜ昔ながらの動きが見え隠れする総選選挙を行わなければならないのでしょうか。私にはまったく理解できません。

出典:河井克行Facebook

さて、これを書いている河井克行氏は『安倍総理と菅官房長官を支える』という活動方針の議員集団に所属しています。要するに安倍総理支持者です。

では、今回の総裁選で河井克行いわく『見え隠れ』している各派閥はどう動いているのか、それを示す報道を転載します。

 

自民党の派閥幹部が会合を開き、安倍総理大臣の再選を目指して協力していくことを確認しました。

自民党派閥幹部が会合、安倍総裁再選で「協力」確認

 

党内は全七派閥が安倍晋三総裁(首相)の再選支持を決めている。三日夜は各派のまとめ役の事務総長が都内に集まり、野田氏支持に回る議員が出ないよう各派で締め付けを強めることも話し合った。

自民総裁選 党内3割「無派閥」狙い 野田氏の行方は

 

これ、どう見ても派閥の動きは『安倍総理支持』ですよね?

『派閥の力学や派閥の領袖たちの思惑によって自民党の総裁が選ばれる、あんな時代に逆戻りして良いのでしょうか。』という主張をする場合、そんな派閥に支持されて再選へと順調に向かう安倍総理を批判しないといけないのではないですか?

まさか自分が支持する人間が都合よく派閥の利益を得ているのは無視して、他人の動きだけ批判するんですか?

こんな都合のいい身内の理論で派閥批判なんかされても、くだらないなぁ、としか思えないですよ。

-小ネタ
-,