興味乱舞に引きこもれず

全記事数:589件

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

小ネタ

前原新代表下の執行部は挙党態勢になるらしい?

 40views

アドセンス広告

この記事の所要時間: 237

先日、民進党の新代表に選出された前原誠司氏が作る執行部の見通しが見えてきたようです。

新執行部の目玉として、山尾志桜里氏が幹事長になったことが注目されているようです。
山尾志桜里氏は昨年、さまざまな方面で鋭い追及を国会質問で行ったことで注目され、のし上がった存在だと私は認識しています。
正直言って、政権交代前から目立っていた人しかほとんど存在(感)がなかった民進党の中で、珍しくその当時ほとんど存在感がなかった人のように思います。
近未来の民進党を担う存在と位置づけられているように思うので、今回の幹事長でいい経験を積んで欲しいものです。

この抜擢以外に注目されていたのは、対立候補だった枝野幸男氏の処遇ですが、代表代行に指名するようです。
これ以外にも選挙対策委員長に枝野陣営の選対本部長だった長妻昭氏を指名するなど、前原氏は挙党態勢を意識する人事になるようです。
そういう意味では、離党した細野豪志氏の置き土産と言える自誓会から階猛氏が入っているのも注目に値するのかもしれません。

その一方で、挙党態勢と言われていますが、一つ、時事通信の記事に全く存在が触れられていない独自勢力化している存在があるように思います。
それは、今回、前代表の蓮舫氏を支えるかどうかで国対委員長になるとされている松野頼久氏のグループと分裂したと言われていた、江田憲司氏のグループです。

今回、江田憲司に近い井出庸生氏が代表選挙出馬を模索して断念するという流れがありましたが、神奈川県では前回の参議院議員選挙では現職の金子洋一氏を安全に当選させたいとしていたように見える神奈川県連に反し、真山勇一氏を擁立し、現職が落選し真山勇一氏が当選したり、横浜市長選挙でも現職推薦の流れになりそうな中で、伊藤貴大氏を擁立するという、正直関係がギクシャクしているような節が見られます。
(今回幹事長になった山尾志桜里氏も現職の応援に入っていました)

この江田憲司氏のグループからは一切執行部に入らないようですが、今後も自由に動き回って色々と引っ掻き回す感じになるのでしょうか?

花斉会からも誰も入らないことから、

前蓮舫執行部に関わった人はすべて沈黙する形になるのかもしれませんが、個人的には、これで『挙党態勢』と言ってしまって良いのかなぁ?という感覚を抱いています。

関連記事&アドセンス広告

-小ネタ
-, ,