興味乱舞に引きこもれず

全記事数:591件

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

小ネタ

2017/07/06 週刊新潮に載っていた、小池新党国政進出計画?の現状

 56views

アドセンス広告

この記事の所要時間: 147

今週の週刊新潮に『国民ファースト(?)』関係の永田町での動きが載っていたので記録します。

この小池新党に一番乗り気で動いているのは、都議会議員選挙で日本維新の会から除名された、渡辺喜美議員。
渡辺喜美議員は、衆議院に早く戻りたいので、昨年の暮れから小池新党の動きを具体化しようと動いていたとのこと。

その昨年具体化しようとした時に接触していたのが、これも都議会議員選挙に挑む際に民進党から離党した長島昭久議員。
渡辺喜美氏が合流を呼び掛けたものの、渋ったとのこと。
一方で、長島昭久氏本人自身、『新党という道筋が有権者には一番わかり易いし望ましい』と新党自体には乗り気で、『自民党に対抗し得る良識な集団を作れるのは、現在の顔ぶれで言えば小池さんなのでは、とは思っています』という評価も語っています。

その他、野田数“都民ファースト代表”も、国政に並々ならぬ意欲をみせているものの、こちらも渡辺喜美氏とそりが合わない、とのこと。

それ以外の若狭勝議員や松沢成文議員も含め、結局、みんな意欲はあるものの『個人同士が折り合わない』し『誰もまとめ上げられる人がいない』状態にあるというのです。
個人的には、渡辺喜美氏さえ居なくなったら小物同士、小池百合子氏の下で静かにまとまれそうに思うのですが・・・

年末に政党助成金のために駆け込む可能性も触れられてしますが、正直こんな状態では、小池百合子氏自身が全面に出て仲裁しないと駆け込みする前に仲違いしそうな気配もある気がします。
しかも、正直小池百合子になんの旨味があるんだ?と疑問に思うような面子ですし、正直『国民ファースト』は余程のことがないと出来ないのではないかな?と思いました。

ただ、永田町の論理はよくわからないので、急に仲良く新党結成に至ってるかもしれませんが。

関連記事&アドセンス広告

-小ネタ
-, , , , , , ,