興味乱舞に引きこもれず

全記事数:591件

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

人権問題

蓮舫氏への二重国籍の指摘は差別問題である、というサンプル

 574views

アドセンス広告

この記事の所要時間: 231

今回、自民党とともに下野しちゃう新聞社などの指摘によりごちゃごちゃしている蓮舫氏の国籍関係の話。

そもそも、この指摘には、豪快な差別意識が根付いている、というのが今回の記事の内容です。

まず、今回の二重国籍だという指摘を始めたのは、アゴラというクソブログもといいろんな人がいろんな意見を持ち寄るサイトにて、八幡和郎氏が最初だと思われます。

この八幡和郎氏、始めて存在を知ったのですが、中々の差別意識の持ち主のようで(八幡 和郎 – アゴラ 言論プラットフォーム

台湾から帰化した蓮舫が首相になれる条件という記事では『日本国への忠誠や愛国心について説明すべき』『それ(帰化など)を隠してよいことにしているから疑心暗鬼がひろまっているのだと思う』と言った事を言っていたり、それを批判されると『地域社会でも企業でも、よそ者や途中入社組が忠誠心を問われ、新参者が地域や会社を愛していると決意を述べるのは当たり前だ』と言ったり『反日的日本人には不思議に護憲派が多いが、それなら、地域や企業の決まりが憲法に優先して良いとはおっしゃらないだろう。単に保守政権が気に入らないから日本を破壊しようとしているだけなのだと思う。』と述べたりとめちゃくちゃな言動を行っている。

また村田蓮舫などを名乗らないことについて『自分は中国系のルーツをもつが、日本が好きで日本人であることを選び、日本の愛国者だと仰りたいとすれば(そんなことおっしゃったことも私が知る限りいっさいありません)、わざわざ日本的なものを拒否されている、華人としての意識が強烈な人だという証左にはなってしまう。』ということを言っている。(せめて戸籍通り村田蓮舫で首相をめざして欲しい – アゴラ

さらに(蓮舫のセクシー写真と宰相の品格 – アゴラ)という記事では『もし、蓮舫さんが首相になったら、世界中で写真が拡散されて、日本のイメージに影響すること間違いないからだ。』という反表現規制クラスタも真っ青のモラル感を発揮されている。

挙句(ケンブリッジ飛鳥と謝蓮舫では好感度が違う – アゴラ)という意味不明ないちゃもん記事まで書いているような人だ。そのような人が何度も何度も執念深く蓮舫氏をバッシングする記事の1つがヒットし、記者会見まで開くような問題になっているのが現状なのだ。

『いずれにせよ、民進党の政治家は、選ぶ前に日本国家への忠誠度をしっかり確認することが義務だと思う。』

『本件はインターネットメディアである「アゴラ」を通じて、蓮舫さんが野党第一党党首となるには、日本人としての自覚や日本国家に対する忠誠度が十分でないのではないかという視点からの私の論説を機に議論が盛り上がりました。(蓮舫さんの二重国籍疑惑を大手紙も報道に踏み切る – アゴラ)』

これが蓮舫氏のバッシングの元となっている人の発言だ。

これを肯定するかどうかが今回の問題への態度で問われていることではないだろうか。

 

関連記事&アドセンス広告

-人権問題
-,