雑記

山本太郎第一声 メモ

 78views

アドセンス広告

この記事の所要時間: 243

なんて生きづらい世の中なんだ。自分が生きてて、自分自身が生きてて、許されていると自分で感じますか。世の中からあなたが必要とされていると感じますか。なかなかそんなこと感じづらい。どうしてですか。役に立たなきゃ生きていちゃいけない。生産性がなきゃ生きてちゃいけない。そんなふうに思わされてないですか。誰かの役に立て。会社の役に立て。国のためになれ。国の役に立て。そんな空気が流れている中、あなたがあなたらしく生きてて、それでいいんだよ、という世の中を目指したい。

経済を良くするためにはどうするか。個人消費を押し上げるしかない。でも、個人消費どころじゃない人たちがたくさんいる。

皆さんのリスクになることしかない原子力が、安全性も何も担保されていない原子力が、この後も再稼働され続ける。いつ地震が来るか分からない。南海、東南海、首都圏直下、東海地震、いつ来てもおかしくないような状況にあるのに、どうして原発をとめられない。

あまりにも不公平、あまりにもいびつな社会になっている日本。その原因は政治にある。あなたの生きづらさ、あなたが今日、何とか生き残って、この社会で、そして今月やっと乗り切れたという状況を続けているにもかかわらず、この国はあなたのことを思っていない。あなたは、私は、切り捨てられる候補の一番手なんですよ。順番が違う。先にあいつが切り捨てられるか。その次はあなたか私か。それぐらいの差でしかない。はっきりしている。

1%にコントロールされたこの国。この国だけじゃない。世界中がそう。グローバリズム、新自由主義、コーポラティズムとの戦いはもう始まっている。

あなたの生活が苦しい理由は、あなたのせいじゃない。あなたが生活が苦しく、生きていていいかどうか思えるのはあなたの責任じゃない。その責任の多くは今の政治にあり、そしてこの社会的な構造にある。
これを変えるためにはどうしたらいいか。一人でも長いものに巻かれずに本当のことを言う、そしてあなたのために汗をかける、そんな候補者をぜひとも選んでいただきたい。政党じゃない、個人でみていただきたい。

税金を取って、そして本当に正しい分配、弱っている人に、立場の弱い人たちに手厚く(するべきだ)。どうしてそうするか。自分がいつまでも健康でいられるか分からないから。明日あなたは健康で今日と同じ姿でこの街に降り立てるか。それは分からない。この後、車にひかれるかもしれない。この後、脳の血管が切れたり、心臓が止まったりするかもしれない。そして五体満足という形、そして健康という状況で生きられなくなるかもしれない。
 そのときのためにセーフティーネットがあり、国があり、支え合うシステムがあるんですよね。税金の取り方を変えればいい。税金の取り方を変えて、そして分配を変えればいい。ただそれだけ。

次切り捨てられるのは、あなたですか。次切り捨てられるのは、あなたの横にいる人ですか。隣にいる人を蹴り落としながら、それでも自分が生きていかなきゃいけない。そんな社会を変えたい。生きづらい。生きづらすぎる。その原因は国や政治にある。

-雑記