興味乱舞に引きこもれず

全記事数:602件

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

人権問題

構造の暴力を、風俗嬢を巻き込んで誤魔化そうとするな。

 127views

アドセンス広告

この記事の所要時間: 429

信田さよ子氏は、二村ヒトシ氏との対談にて、性犯罪について、以下のように語っている。

あっけらかんと「バレなきゃいいだろう」みたいに、のびのびと疑いもなく触ったり撮ったりしている人の方が圧倒的に多いですよ。

先日、沖縄にて、米軍属の男性が、女性を強姦、殺害し、死体を遺棄するという事件が起きてしまった。
2〜3時間前から相手を物色し、「発覚を恐れて殺害した」という供述をしていたという

ここで、もう1つ、信田さよ子氏の語っている内容を引用する

警察では「性犯罪で捕まった人は、性欲が満たされていなかったから」という説がまかり通っている。刑務所の性犯罪者処遇プログラムでは「性犯罪は性欲が問題なのではない、むしろ世の女性に対して何をしても良いというような考え方が問題だ」という基本があり実施されているのに、末端の刑事や警察官たちは「こいつは性欲が満たされなかったから」っていうフォーマットで調書をとっていく。するとどうなるかというと、加害者の妻にインタビューして「あなたは夫と週に性交渉は何回していたか、犯罪を犯した前の日はどうだったのか」という「性犯罪をした男の妻が悪い」という調書になってしまうんです。それで被害者の弁護士が抗議しようって展開しているケースはたくさんあるんです。

ここで語られているように性犯罪者処遇プログラムでは「加害者の認知の歪み」というものに注目して、それを改善していくことで再犯を防ぐという方針が採用されている。
そこに「本人のストレス解消」や「性的欲求解消」という観点はあまり見られない。

一方で、あくまでも「ストレス解消」や「性的欲求解消」という論点に絞って議論を吹っ掛けている有名な方がいる。橋下徹氏だ。
そこに論点を絞った結果、橋下氏は次のような発想に至る。
「人間、特に男の性的欲求解消は必要だと認めろ。建前ばかりの綺麗ごとにこだわるな。風俗の活用を検討しろ」(橋下氏発言、議論呼ぶ 「慰安婦制度は必要だった」 「米軍、風俗業活用を」

一方で、こうも橋下氏は述べている。
「最近において、米兵や米軍軍属の凶悪犯の比率は、日本人の比率と大差はない。問題は米軍が米兵や軍属にどのような教育をしているかだ。」(橋下徹氏「アメリカ兵の風俗活用発言、撤回しない方がよかったかも」沖縄・女性遺棄事件で持論

「教育」が問題だということは、言葉だけならば私も同じことを言うかもしれない。
しかし、橋下氏はここから「性的欲求解消」「風俗活用」という方向に走ってしまう。この展開は、私は賛同できない。とんちんかんだとすら思う。

例えば、橋下氏は、自己の意見の前提として「凶悪犯の比率は、日本人の比率と大差はない」と述べている。
凶悪犯の中身を検討しないと詳しくはわからないが、大雑把に考えるならば、この前提から「風俗を利用している日本人と風俗を利用していない米軍関係者で、犯罪リスクは大差ない」ということになりはしないだろうか?
つまり、風俗の活用は犯罪防止に必要ではない、という結論のほうが妥当性が高い、となるのではないか?と考えるべきではなかろうか。

(ちなみに、当時の記事で興味深いものとして以下の様なものがある。いずれもソースとして怪しいところがあるが・・・
風俗界まさかの“橋下黙れ”
19歳風俗嬢「橋下徹さんが好き。風俗を仕事と認めてくれた」│NEWSポストセブン
沖縄の風俗嬢が「橋下発言」に怒り心頭 | 日刊SPA!

話を沖縄から少し離すが、米軍内でのレイプが問題となっている。(「男だっていうのに、まさか」とはいうけれど……米軍レイプ事情 | GQ JAPAN
男性による男性へのレイプ加害も存在していて、数も多いという。
そのことを取り上げた記事にて、精神分析医の方がこう語っている。

「レイプ犯はゲイだから男を犯すのだと誤解する人が多いのですが、たいていゲイではないのです。これはセックスの問題ではなく、力と支配の問題なのです」

要するに、組織を取り巻く関係性や構造に問題があり、性的嗜好や性的欲求はメインではない、という趣旨の発言だと思う。

橋下氏は建前云々と述べていたが、このような構造そのものに手をつけず温存し、風俗の活用というで解消しようと訴えることは、例え一般人に対する「レイプ」が解消されたとしても、風俗という密室において「合法レイプ」と言えるような実態が展開されてしまう可能性が有るのではないか?
言い換えると、本来は同じ一般人であるはずの風俗嬢との関係性に、レイプの原因となる力と支配の問題を移すだけになってしまうのではないか?
そして、現に存在してしまっている、風俗業務への職業差別などの他要素を巻き込んで、問題をさらに複雑化させ、深刻にする可能性すらあるのではないか?と私は考える。

つまり、沖縄の米軍を取り巻く構造から米軍関係者が「学習」してしまっていることがなんなのかを無視し、性的欲求解消に主眼を置く橋下氏の主張は、「本気で解決策を考えず」に、「綺麗ごと」に留めたい方々に対して加担してしまっている主張なのではないだろうか。
そう私は考える。

関連記事&アドセンス広告

-人権問題
-, , ,