興味乱舞に引きこもれず

全記事数:565件

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

小ネタ

自民党の茂木は何をばか言っているんだろうか。

2016/04/04 106views

アドセンス広告

この記事の所要時間: 139

昔は「総理、総理、総理、あなたに聞いています」と言っていた人が、今度は「総理には聞いていません」。何をばか言っているんだろうか。

出典:「民主・共産に猛省を促したい」 自民・茂木氏

これは辻元清美議員の事を言っているんだろうが、昔の総理は小泉純一郎、小泉純一郎は一言しか言わないで議論を避ける総理だったわけで、だからこそ『総理、貴方に聞いています』と言って総理を議論に引っ張りだしていたわけです。

一方で現在は安倍晋三、安倍晋三は答弁する際に余計なことを言ったり、筋違いな発言をしたりして、時間を消費することばかりする総理なわけで、だからこそ『総理には聞いていません』となるわけです。

別な総理が総理の座に付いているという前提があるのに、まるで同じ総理に発言をしているかのように持ちだして批判するのは、本当に『何をばか言っているんだろうか』としか言い様が無いです。

また、茂木は『いままで「自衛隊そのものがおかしい」と言っていた共産党や社民党が急に自衛隊員の心配をし出す。「自衛隊のリスクはどうなっているのか」と。』と述べていますが、それは自分の土俵に乗ってくれたわけで、自民党としては歓迎こそすれ批判するのは『俺と議論するな、審議拒否しろ』という滅茶苦茶な要求をしているんですが『何をばか言っているんだろうか』

また、自衛隊のリスクには背後に国民にとってのリスクが存在しており、そういう点では国民の安全、国民の平和を重視する政党が、自衛隊のリスクを批判するのは別におかしくないわけです。自衛隊員だけではなく国民にとってのリスクとして自衛隊員の心配をしているわけで。

そして、そもそも『自衛隊員そのものがおかしい』という議論をしても相手に効果が無いんですから別な切り口に転じるのは当然でしょうに、それを批判しちゃうのは『議論してほしくない』という意図が満々過ぎてひきますね。ホント『何をばか言っているんだろうか』

関連記事&アドセンス広告

-小ネタ
-, ,