小ネタ

安倍総理と野次2(自分のペースに持ち込みたい安倍総理)

2016/04/04 110views

アドセンス広告

この記事の所要時間: 421

安倍総理が『早く質問しろよ!』と野次った動画なんですが、この動画、よく聞いていると、野次のあと理事が委員長に詰め寄ってるシーンでこういう声が漏れ聞こえてきます。

委員長?『時間が来てる』

総理っぽい声『じゃあ、終わりますよ、じゃあ、これで』

委員長『じゃあ、一回止めます、速記を止めて下さい』

どさくさ紛れで、総理っぽい声で勝手に終わらせようとしている人が居るのです。(辻元さんのブログなどで全く取り上げられてないんでさすがに違う可能性が高いですが、私には総理の声に聞こえました違いました)

この発言が野党側の『この発言で終わるから最後まで言わせてくれ』と頼む声ならば無問題です。しかし、与党側、ましては総理が勝手に質疑を終わらせようとしているならば、凄い大問題だと思うのです。

この辻元議員の質問の次の質問者は、同じ民主党の緒方林太郎議員でした。要するに同じ会派の質問が続くわけで、会派ごとに時間割振りがなされている国会では、その次の議員が時間調整を行えば、別に質疑者が範囲内で時間を伸ばしてもいいんです(日本維新の会時代に、中田宏が東国原英夫氏から時間をもらって、結果15分オーバーをして、質疑冒頭に東国原氏が愚痴るという展開が有ったのを覚えています。その時は特に騒動にならずに終わりましたので、別にいいのでしょう。)

それに外から文句をつけるというのは非常におかしい話だと思います。また、総理だったなら立法府から質問をされる側の立法府の長として、非常に不適切な態度であるとしか言えないと思います。

また、同じくその後の緒方林太郎議員の質疑にて総理自身が述べているのですが、議事運営、議事進行の権限は委員長にあるわけです。要するに『質問をしろ』は野次ではなく、委員長に注意を促すように訴える事が適切で、質問者は質問時間をどう使うかは自由なわけです。

そこに文句をつけるというのは本当に安倍総理大臣が答弁をして自分のペースに持ち込みたいと焦っているという話なのだと思います。

菅官房長官が『中身よりも、どうもそういう(やじ)ことの方が議論になっているのかなと思います』と述べたとニュースでは報じられていましたが、それは貴方が補佐している総理大臣のせいなので、本当に中身を議論したいなら黙っているように言ったほうがいいと思いますよ。

まぁ、本音は『中身より野次のほうが議論になって嬉しい』のでしょうが。

 

 

おまけ、緒方林太郎議員の質問の前の総理とのやりとり。文字起こし。

緒方林太郎 民主党、緒方林太郎でございます。初、バッター立ちであります。まず、質疑に入ります前に、総理に一言申し上げたいと思います。今回の審議で、すでに、答弁が長い、当ててもないのに答弁に立つ、そして今はなんですか『質問しろよ』と。反省の弁を求めたいと思います。安倍総理大臣

 

安倍晋三 指名権はですね、委員にはありません。そのことをよく勉強した方がいいと思いますよ。指名権は基本的に委員長にあるわけでありまして、委員長が、いわばこの委員会の、議事進行を仕切るわけであります。

指名権については委員長が持っているということについては、申し上げておきたいと、このように思います。まぁ、そのことを申し上げておいてですね、そのことを申し上げておいてですね、丁寧に答弁を私はしているわけでありますし、わかりやすく答弁をしているわけであります。

その上においてですね、その上において、先ほど辻元議員がですね、時間が来たのに延々とですね、延々と、自説を、自説を述べてですね、自説を述べてですね、自説を述べて、いわば私に質問をしないということは、答弁をする機会を与えないということでありますから、早く質問をしたらどうだということを言ったわけでありますが、まぁ、言葉が少し強かったとすればですね、それはお詫び申し上げたいと思います。

(速記止まる)

(委員長と話した理事が安倍総理大臣の元に行き、安倍総理大臣が笑顔で理事の話を聞き承諾、その後再開。)

安倍晋三 まさに私は総理大臣として責任を持っておりますから、最終的に答弁をするのは、私が答弁をしければいけないということで、再三手を上げて、委員長に指名していただこうと思ったわけでございます。そこで委員長から指名されたら答弁するのは、私は委員会のですね、運営として、議事運営については、委員長が仕切るわけでありますから、当然のことではないかと思います。先ほどそういう趣旨のことを述べたところでございます。

また、辻元委員につきましてはですね、私としては、答弁によってですね、答弁によって国民に説明する、説明しないといけませんから、誤解を与えないように、答弁をさせていただきたいと、こう思っていたわけでございますが、言葉が過ぎたとすれば、お詫びしたいと、このように思います。

 

緒方林太郎 民主党の持ち時間の範囲内なんですよね。総理が、さっさと質問しろとかそんなこと言う権利無いですよ。反省を求めたいですよ。 それでは質問に入りたいと思います(略)

 

-小ネタ
-, , , , ,