興味乱舞に引きこもれず

全記事数:773件
 ブログ全体の総文字数は1,493,960文字です

権利保護の緊縮削減に反対するブログ

雑記

テストを兼ねた雑談

2018/12/114views 

アドセンス広告

この記事の所要時間: 049

・これはメール投稿が出来ているかのテストを兼ねた雑談記事です

最近フェミニズムを巡っていろんな意見が投げ交わされていますが、個人的には「こんなこと言ってしまう人間にならなくて良かった」みたいな意見ばかり見る印象があります。

で感じたのは「無自覚に男性という枠に捕らわれてる人多いな」と。

「男は解決、女は共感」みたいなのが典型的な例ですが、男や女という枠組みは確かに枠はめが簡単なんですが、実例をそんな単純化したらそりゃ苦しいことになるだろう、という。

ただ、このように枠組みすることが必な場合もあり得るわけですが(特に関係上のパワーバランスがからむ場合)枠組みの柔軟化として『枠組みを無くそう』と述べる事で、一方がパワーバランスの調整すら拒み出すということも・・・

なんというか、そんな0か100かみたいな物差しを向けるのを止めましょうよ?
というのもフェミニズムの基本思想だと考えているんですが、違いますかね・・・?

-雑記